【残念な事実】今後も期待できない日本経済

【残念な事実】今後も期待できない日本経済 少子高齢化が経済を圧迫、増大する社会保障で現役世代の社会保険料は年々増加し続けている。少子高齢社会が原因で日本の国債は雪だるま式に膨れ上がっています。国債の額は世界一でGDPと比較して、日本は266%!次いでイタリアの160%、3位にアメリカの130%です。日本国債の大半が高齢者を支援する手厚い社会保障です。 ② 日本人の平均給与があがらない。 厚生省の統計によりますと、日本人の平均給与は436万円。30年前の平均給与と比べ、現在の日本人の平均給与は同じ推移にある。通常であれば、経済性緒に伴いインフレーションの効果で物価も給与も右肩上がりに上がる。日本は先進国の中でも異例な経済状態。 ➂ 消費者が消費しない  日本の消費税増加に伴い、消費者は消費を控える様になっている。物を購入際に8%から10%に引き上げられたわけですから、給与が何十年も同じで増税されたら手取りが少なくなるのは当たり前。財布の紐がきつくなり、お金が経済に回らなくなる。体の血流と同じ。 ④ 投資に回さず、手元のお金は貯金している 日本はこの様な経済状況にあるため、日本国民が銀行にお金を預けて安心したいと思うのは当たりまえ。日本国民の貯蓄額は正解でもトップレベルです。しかし、日本の定期預金の金利はとても虚しいです。日本の大手銀行では良くて年間0.01%の世界。日本の物価上昇率は0.31%と言われています。物価上昇率が金利を上回り、実質金利はマイナスという厳しい現状です。100万円を年間0.01%の金利で銀行に預ける。100円の利息に分離課税が発生し20%税収される。残りは80円となりますよね。そしてATMからお金を引き出そうとすると110円掛かります。マイナス30円となるのです。私は海外でお仕事していますが、この様に銀行にお金を預けてマイナス金利など聞いたことないですね。 日本で生活している方はこれから、自己防衛として老後に向けてのどの様に資産形成をするべきなのか真剣に考える必要があります。日本経済に不安があり、何か資産運用を始めたいけど、何から始めて良いか分からない若い方たちは大勢いらっしゃいます。行動できずに前に進めないあなたです。お金の知識をインプットするのは良いですが、行動してアウトプットしないと今の現状からは抜けられません。大金持ちにならなくとも小金持ちになる為には、行動を起こすか起こさないかの違いですね。 大城祐子 • コンサルタント

資産運用は一体いつからスタートするべきなのか

資産運用は一体いつからスタートするべきなのか よくある質問の1つに資産運用はいつから始めれば良いんですか?と言う質問があります。 このような質問は大変多いのですが、世の中のファイナンシャルプランナーや、お金の専門家に聞くと、ほとんどの場合「今すぐ始めた方が良いです」と言われるでしょう。 当然ですが、今の日本経済を考えると、早めに始めたほうが得策です。 例えば年金問題です。 将来年金だけでは生活できないと言うことがマスコミで散々報道されるようになっています。 年金で生活できないと言うことがどういうことなのか、具体的に金額で考えるととんでもなく悲惨な老後が待っていると言うことに気づきます。 また社会保障費の問題です。医療費や介護費用などもはや国は国民を守ることができなくなってきています。 消費税増税も同じです。 これからの日本人は、社会保障や税金等の費用負担はどんどん増加していき、一方で収入が増えているかと言うとここ30年間ほとんど横ばいの状態です。 つまり今日本人はどんどん貧しくなっていると言うことです。 このような日本経済の現状を考えると、1日でも早く資産運用するべきだと言うのは当然の考え方となります。 ただ「資産運用は今すぐ始めるべきだ」で片付けてしまうと元も子もありませんので、資産運用をスタートする時期について私なりの考えをシェアしていきます。 お金の使い方は個人の自由が根本 まずお金と時間の使い方は各個人の自由であると言うことです。 価値観も自由です。人生においてお金と時間は最も重要な資源です。 それをどう使うかは人それぞれの個人の自由ですから1番重要だと思うものにお金も時間も使うべきです。 例えば私は、20代前半の頃スノーボードを一生懸命やっていました。 私の中でスノーボードは生きがいでした。本気でプロスノーボーダーになろうと思っていた位ですから。 当時は会社員で、給料もそれほど多くなかったですからほとんどの資金はスノーボードに消えていました。 とても貯金する余裕などありません。 そもそも時に興味がありませんから、資産運用の話など聞く気も全くありません。 そのような状態では、とても資産運用など始められる心構えは持てませんよね。 お金の使い方は人それぞれです。 お金は非常に大事です。 だからこそ自分が1番良いと思うものに使うべきです。 人生において上位の価値観に対してお金を使うべきです。 また時間についても同じだと思います。 タイムイズマネーと言う言葉があるように、時間とお金は等しく重要です。 それをどのように使うかは、その人自身の価値観によって決めれば良いと思います。 ですから結局資産運用いつから始めれば良いのかと言う質問に対しての答えは、自分がお金と時間をどのように使いたいかと言う価値観をまず知るところからスタートすると思います。 また、資産運用や投資を始めるタイミングについて悩んでいる人の多くにアドバイスしたい事は、まずは情報収集から始めた方が良いと言うことです。 判断する材料がそもそもないため、確信を持ってスタートすることができないからです。 またお金についての知識がなければ今はスタートするべきではないという判断さえできません。 そもそもなぜ迷うのか 例えば受験勉強俺に話をします。 あなたの偏差値が50だったとします。そして目標とする大学の偏差値が60必要だったとします。 当然偏差値を10上げなければいけません。 例えば2、3ヶ月と言う短い期間で偏差値10を上げるのは至難の業です。 ある程度の時間をかけて勉強する必要があると言う事はわかるでしょう。 また偏差値40の人が、偏差値70の大学に合格しようと思った時、とてもハードルが高いと言うことがわかります。すぐにでも受験勉強に本腰を入れた方が良いと感じるでしょう。 このように、自分の現状と目標が数値で表されている場合判断しやすいです。今の自分の立ち位置と、目標までのギャップを把握しやすくなります。 資産運用をスタートする際難しいのは、現状と目標のギャップを把握することが難しいからです。 今後どれぐらいのお金が必要になってくるのかまた将来どの程度の貯金があれば安心して過ごせるのか自分の目標とする状況をはっきりとイメージすることが難しいのです。 それに加えて資産運用の方法や、お金や経済に対する基本的な知識が少ないため余計にイメージしづらいのです。 ですから、まずは自分なりに情報収集を始めてみましょう。今はインターネットにたくさんの情報が集積されています。 探そうと思えばかなりの情報を取得することができます。 自分なり情報収集を進めていく中で、理想の状態や自分の現場などある程度目標金額なども見えてくるかもしれません。 そうすればいつごろから資産運用をするべきなのか見えてくる可能性があります。 また資産運用をスタートするかどうかは別として、専門家に話を聞きに行く事は非常に重要です。 情報を得ようと思えばいくらでも得ることができますが、問題はどの情報を自分が選択するかと言うことです。 インターネット上には真実から嘘までたくさんの情報が載っています。 情報がありすぎて、どの情報を自分が取り入れるのかそれが非常に重要だからです。 専門家に話を聞くことで、それがある程度整理されてくるでしょう。 ローリスクで資産形成をしたければ、長期投資や分散投資と言う要素を取り入れるしかありません。 [...]

Go to Top