日本のお金制度の改定(後編)・今年度4月スタート]

インスタ始めました #fp_yuko_malaysia で検索 日本のお金制度の改定(後編)・今年度4月スタート] •マイナンバーと健康保険証の代わりに • 70歳までの就業確保 • 生前贈与の条件変更 皆さんこんにちは ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか? マレーシアでは更なるロックダウンになる可能性があるとメディアで伝えられています 今回のコラムは、前回に引き続き『この4月に日本で変化があったマネー関連について』です ④2021年度中に、マイナンバーカードが健康保険証にも・・・現在、マイナンバーカードを利用して、コンビニでの住民票取得や税金の電子申告が可能となっていますが、2021年3月4日からマイナンバーカードの健康保険証としての試験運用が開始されました。本格運用は2021年秋ごろの予定。 マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになると ・結婚や転職などの際に健康保険証の発行を待たずに医療機関を利用できる ・医療費控除申請の際、医療費の自動入力が可能になり、申請がスムーズに ・利用者が同意すれば、過去に処方された薬や手術歴を医師が確認することができる ・限度額適用認定証がなくても、高額療養費制度における限度額以上の支払いが免除 などのメリットがあります。 また、今後は運転免許証との一体化やスマホのマイナンバーカード搭載なども予定されています。 ⑤70歳までの就業確保が企業の努力義務に・・・今までの高年齢者雇用安定法では、企業は希望する従業員を65歳まで雇用しなければなりませんでした。しかし2021年4月から、それが70歳までに引き上げられます。ただし、今回の70歳までの就業確保は現状では努力義務にとどまっています。 今回の法改正は「70歳現役社会」の一歩と言うことができそうですね生涯の働き方、ライフプランを今のうちからしっかりと考えておく必要があるのかもしれません ⑥「生前贈与」の非課税制度が延長されるが、条件は厳しくなる・・・生前贈与とは、一定の条件のもと、子や孫などにひとりあたり1,500万円まで一括して贈与した場合に贈与税が非課税になる優遇措置のことです。 非課税で贈与できる期間が2021年3月末まででしたが、2年間延長され2023年3月末までになりました。これは利用者にとっては大きな目リットと言えるのですが、適用条件が厳しくなるので注意が必要です。 以上、2回にわたって、この4月に日本で変化がったマネー関連をご紹介しました。 急速な変化に対応するには、新制度についてのニュースをしっかりキャッチアップすることが大切 常にアンテナを張って生活したいですね 大城祐子 • コンサルタント #fp_yuko_malaysia #fpyuko

[知っておくべきお金知識(前編)・今年度4月スタート]

[知っておくべきお金知識(前編)・今年度4月スタート] 皆さんこんにちは 新年度がスタートして早1ヶ月経過しましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 4月は新制度がスタートしたり、企業が新たなサービスを始めたりと、大きな変化が起こる時期でもあります。今回は、この4月に日本で変化があったマネー関連についていくつかご紹介したいと思います ①三菱UFJ銀行、 三井住友銀行がコンビニATM手数料を値上げ・・・現在、各銀行は紙の通帳有料化を実施するなどさまざまな手数料の改定を行っています。今回三菱UFJ銀行、三井住友銀行が行った改定は値上げ。一番高い時間帯だと330円もかかるようになりました しかし、一部の日時では値下げになることもあるので、「有料」と「無料」の境目を把握しておくのが大事なポイント!例えば、三菱UFJ銀行は25日と月の最終日は手数料無料、三井住友銀行は毎月25日、26日は手数料無料です。現金が必要になったときに、いつでもお金を引き出せるというのがコンビニATMの利点ですが、今後はいつ引き出しするかをきちんと考えないといけませんね。 また、今後他の銀行でも手数料変更の改定を実施するところが増えるかもしれないので、要チェックです ②消費税を含めた「総額表示」が義務化・・・ 2021年4月1日から、消費税を含めた「総額」での表示が義務化され、「198円+税」「198円(税抜き)」などの表示は違法となりました。 対象となるのは、店頭の値札やチラシ、ウェブサイトなど、不特定多数の消費者に対して表示するもので、見積書や契約書、請求書などは対象外です。総額表示の義務化は、支払う価格が明確にわかるため、消費者にとってはメリットと言えそうですね ③公的年金の支給額が4年ぶりに減額・・・ 多くの人にとって、老後の生活費の基盤となる公的年金。支給額は毎年度改定されますが、2021年度は4年ぶりに減額となり、0.1%引き下げられます自営業者らが加入する国民年金は、40年間保険料を納めた満額のケースで66円減の月額65,075円に。 会社員らが加入する厚生年金(会社員の夫と専業主婦の妻のモデル世帯)は228円減の月額220,496円になります。 2022年は更に減額される可能性も。公的年金が老後の生活の大きな柱であることには変わりありませんが、老後の資産形成については、自分自身で取り組むことも必要と言えそうです。 後編へ続く・・・ 大城祐子 • コンサルタント #fp_yuko_malaysia #fpyuko

[短期間でお金を貯める方法 前編]

[短期間でお金を貯める方法 前編] 皆さんこんにちはー ご存じの通り日本は長寿大国で素晴らしい国ですが、逆の意味で言えば長寿にはリスクが伴うという事も理解しなければなりません。長生きすればするほど生活費を従来以上に貯金をしなくてはいけません。 皆さんは、金融庁が「多くの人の老後資金が2000万円不足する」と発表して話題になったことを覚えているでしょうか?人生100年時代に備えて老後の資金を自分でも準備してくださいね、という論旨です。 でも、老後に備えて2000万円を準備することが必ずしも正解とは限りません。これはあくまで平均額で、収入と支出は人によって異なるからです。収入は公的年金だけでなく、個人年金や不動産の賃貸収入等が含まれています。支出についても人それぞれのお金の使い方があるため、2000万円でも十分な方もいれば全然足りない方もいるでしょう。平均額はあくまで参考程度としてお考えください さてさて。仮にあなたが現在50代で、現段階で老後の貯金が十分ないとしましょう。でも、焦ることはありません。今回は、貯金がない方でも短期間で老後の貯金をしっかり準備できる方法を全編・後編の二回に分けてご紹介します ①収入と支出を見直す・・・最も大切なことは現在の収入と支出を把握し見直すこと。自分が得ている収入に対して、「どんなことに」「いくら」お金を使っているかを知らないと、改善すべきポイントを見つけることが難しいからです。自分の課題を知ることで、これからどのように行動すればよいかが明確になります。まずは自分の年齢と収入支出をできるだけ詳しく紙に書き出して自分の生活を見直してみましょう。 ②定年退職後も働き続ける・・・厳しいことをいうようですが、やはりお金を生み出すには働くしかありません。今後は定年退職せずに働き続けるという選択肢がかなり一般的になると思います。定年後の働き先については、ハローワークを利用する、家族や知人からの紹介、会社に直接問い合わせをするなどいろいろな方法がありますし、再雇用をするメリットとして経験や技術を豊富に持った即戦力を確保できることや、若手人材の教育や成長につながるとして積極的にシニア採用をしている企業も増えています 後編へ続く・・・ 大城祐子 • コンサルタント

【この時代、ネットバンキングを利用していない方はいるのでしょうか?】

【この時代、ネットバンキングを利用していない方はいるのでしょうか?】 皆さんは、ネット銀行を利用していますか? ネット銀行とは、「ネットバンキングを専業で行っている銀行」のことで、今まで私たちが利用してきた普通の銀行の事業形態とは異なり、基本的には店舗を持たない、または限られた店舗しか持たない銀行です。申し込み手続きをする際もネット上で行い、本人確認書類(運転免許証のコピーなど)をメールで送付することで、誰にも会わずに口座開設ができます。 <ネット銀行のメリット> ・24時間利用可能・・・パソコンやスマホで24時間利用することができます。 ・ATM提携・・・窓口や、自社のATMを持たないネット銀行の場合、お金の出し入れはコンビニやスーパーなどにある提携ATMを利用できます。銀行によりATMの提携先や利用手数料が異なります。 ・手数料が安い・・・従来の銀行の振込手数料は窓口では600〜800円、ATMでは200〜400円が一般的ですが、ネット銀行は無料〜300円と低く設定されています。 ・預金金利が比較的高い・・・従来の銀行の普通預金の金利はゼロに限りなく近い 中、ネット銀行の金利は、比較的高い傾向にあります。 ・預金保護(ペイオフ)の対象・・・ネット銀行も、従来の銀行同様、国から許可を受けた銀行であり、すべてのネット銀行が預金保険機構に加入しています。預金保護(ペイオフ)の対象なので、破綻した場合でも元本1,000万円までの円預金と破綻日までの利息等は保護されます。 <ネット銀行のデメリット> ・ IDやパスワードを忘れると利用できない・・・ネット銀行では、口座開設の際にセキュリティIDやパスワードを設定します。このIDやパスワードを忘れてしまうとログインができず、本人であっても取り引きができません。また、何度もパスワードを入力ミスすると、セキュリティにロックがかかって利用停止されてしまいます。この場合はカスタマーサポートに電話やメールで連絡をして復旧してもらわなければなりません。 ・システムメンテナンス中は利用できない・・・ネット銀行は基本的に24時間利用可能ですが、システムメンテナンス中の時間帯はサービスを利用することができません。しかしシステムメンテナンスは、深夜に短時間で行われることが多いのであまり影響はないと思います。 ・ 引落口座に指定できない場合がある・・・ネット銀行の口座は、公共料金や税金の引き落とし口座に指定できない場合があります。 ・ セキュリティには注意が必要・・・ネットでログインするだけで取り引きのできるネット銀行は、その手軽さが魅力である反面、セキュリティには注意が必要です。 ネット銀行は、上記のメリット・デメリットさえ知っておけば非常に便利なものだと思います。パスワードを忘れないようにする、漫画喫茶などの共有の場所からのログインは避ける、ログインをするときは必ず公式サイトから、などに注意しつつ、ぜひ活用してみてくださいね。 大城祐子 • コンサルタント #ロック #スキンケア #銀行 #ネットバンキング #ATM #ネット銀行

By |2021-04-22T17:29:37+09:00February 24th, 2021|経済, 経済・社会問題, 退職後|0 Comments

年金保険料は無駄な支出ではない

年金保険料は無駄な支出ではない 皆さんご存知の通り、日本では65歳になると国から年金を受け取ることができます。自営業者や専業主婦であれば国民年金、サラリーマンであれば国民年金+厚生年金が定期的に、死ぬまでもらえるのです😇 日本の年金制度は、以前は「積立方式」を採用していました。積立方式とは「自分が払った年金保険料を、老後に受け取る」という仕組みです。 しかし1970年に現在の「賦課方式」に変更されました。「賦課方式」とは年金支給のために必要な財源を、その時々の保険料収入から用意する方式です。現役世代から年金受給世代への仕送りに近いイメージですね💡私たちが高齢になって年金を受給する頃には、我々の子どもやその下の世代が納めた保険料から自分の年金を受け取ることになります。 しかし現在、少子高齢化や寿命の延びが原因で、年金保険料の収入が減って将来的には年金制度が破たんするのではないかと懸念されています。 でも安心してください!厚生労働省は徹底的なシミュレーションと情報開示(財政検証結果)を行い、「日本には約100年後の2110年度までは年金財源が十分ある」という結果を公表しています。国は年金を支払うための財源として190兆円ほど積み立てています。世界でこのレベルの積立金があるのは日本とアメリカだけといわれて、積立金がほとんどない先進国もたくさんあるのが現状です。 支給金額に関して言えば残念ながら今現在の高齢者の方達がもらっているほどの金額はもらえないでしょう・・・。しかしこれからは更に寿命が延び、今の高齢者よりも長生きすることが想定されます。冒頭でもお伝えしましたが年金は死ぬまでずっともらえるものです。そう考えると総額は今の高齢者の方々より多くもらえるかもしれませんね✨ また、「年金」と言うと、老後にもらえる年金を思い浮かべると方が多いと思いますが、「障害年金」や「遺族年金」も含まれます。「障害年金」は病気やケガによって生活や仕事などが制限されるようになった場合に、現役世代の方も含めて受け取ることができる年金です。 「遺族年金」とは国民年金または厚生年金保険の被保険者または被保険者であった方が亡くなった時に、その方によって生計を維持されていた遺族が受けることができる年金です。 「将来たいして年金がもらえないから」と払わずにいると、万が一障害を負った時に障害年金をもらえない、万が一亡くなった時に残された家族が遺族年金を受け取れない、という事態になります。 「公的年金」にはこのような生活保障としての機能もあることを忘れないでください⚠️ 年金は、払った年金保険料がそのまま積み立てられて将来の自分の老後資金となるわけではありません。そのため、支払った保険料が無駄になるのではないかという不安がある方もいるでしょう。しかし国民の生活を保障する社会保障制度と考えれば、決して無駄ではありません。かと言って公的年金だけではゆとりある老後生活は難しいのが現状だと思うので、それ以外にも老後のための蓄えをしておくことが大切です。 将来の安心のために、今から始めましょう!! 大城祐子 • コンサルタント

By |2021-04-23T23:06:13+09:00June 4th, 2020|年金のお話し|0 Comments

日本人平均貯蓄額

日本人平均貯蓄額 資産運用のご相談を受けている時に、 「私の年齢ならどれくらい貯蓄をしていれば安心ですか?」 「平均はどれくらいですか?」 などと質問をいただくことがよくあります。 その方の家族構成、生活状況にもよるので一概に『いくらあれば安心』とは言えませんが、やはり周りの人がいくらくらい貯蓄しているのかは気になりますよね・・・🤔 これからそのデータをご紹介しますが、このデータを見るにあたって重要な点が2つ。 一つは「貯金額」と「貯蓄額」は違うということ。一般に「貯金」は、銀行の普通預金や定期預金、タンス預金のことですが、「貯蓄」は預貯金はもちろん、株式や投資信託などの有価証券、生命保険や個人年金保険、会社で積み立てている財形貯蓄なども含まれます。なので、「貯金」はゼロだけど「貯蓄」はたくさんあるという人もいるんですね💡 二つ目は「平均値」と「中央値」について。「平均値」いうのは、あくまで「平均」で極端に貯蓄の多い人がいると、実際には貯蓄の少ない人の方が多くても平均額が上がってしまいます。対して「中央値」とはデータを小さいものから順に並べた時、その真ん中にある値のことです。現実に近いものとしては「中央値」を見る必要があるのです。   厚生労働省の国民生活基礎調査[各種世帯の所得等の状況]によると年代別の平均貯蓄額は以下の通りです。   年代 平均貯蓄金額 29歳以下 155万円 30~39歳 404万円 40~49歳 653万円 50~59歳 1,051万円 60~69歳 1,339万円 70歳以上 1,264万円   ※出典:http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa16/dl/16.pdf   更に世帯別に分類した平均貯蓄額と中央値は以下のようになっています。 【1世帯あたりの貯蓄金額について中央値と平均値の比較】 全世帯 高齢者世帯 児童のいる世帯 母子世帯 中央値 500~700万円未満 500~700万円未満 300~400万円未満 50万円未満 平均値 1,033万円 1225万円 707万円 327万円 ※2016年国民生活基礎調査[各種世帯の所得等の状況](厚生労働省)をもとに算出(2018年5月) https://www.joyobank.co.jp/woman/column/201504_04.html   どの世帯区分も中央値が1世帯あたりの平均貯蓄金額(平均値)を大きく下回っていることがわかりますね。 先にも記述しましたが「平均値」の中には一部の富裕層の貯蓄も含まれるので、「みんなどれくらい貯金しているの?」という疑問に対しては中央値を見ることをオススメします。   続いて2人以上の世帯の平均負債額をみてみましょう。   総数 29歳以下 [...]

By |2021-04-23T23:43:06+09:00May 29th, 2020|退職後|0 Comments

[YUKOのマネー講座 ]

[YUKOのマネー講座 ] 今回のマネー講座はアンパンで開催します😊 これからの人生設計を具体的にどうしたら良いのか分からない。 ファイナンシャル プランニングってどう考えたら良いのか? 将来、必要になるお金って額にしていくら!? 何で今貯蓄する必要があるのか? 等のモヤモヤを解消していきますー コーヒー片手に幅広くお話ししていきましょー☕ 大城祐子 • コンサルタント

[YUKOのマネー講座 (無料)]

[YUKOのマネー講座 (無料)] 第二回 マネー講座 In Bangsar, KL (無料今回の講座はバングサ周辺で行います。 前回の講座に来れなかった方、興味がある方々、是非参加して下さい。 これまでの漠然とした人生プランを、明確なプランにしていきませんか? 分かりやすい解説でお手伝い致します。 これを機に、お金の見方が変わるはずです。 *********************************************************** これまでの悩み: ☆ 人生プランって何? 何をどう考えて人生プランを立てたら良いのか分からない ★ 子供の教育費、老後の準備資金は大丈夫なのかよく分からない。どうやって計算するの? ☆ あと何年以内にいくら貯蓄しないと間に合わない? 具体的な金額が想像もつかない。 ★ 他の皆さんはどうお金のやりくりをしているのかな? 私のやり方で良いのかな? ☆ お金関係は主人に丸投げで、私は一切関わっていない。でも、全く何も家系のお金の事知らないって危険よね? ★ 人生100年時代! 60歳で定年退職して天国に行くまで、年金と厚生年金で足りるの? ☆ 海外移住して国民年金保険料率は払っていない。どうやって、老後に向けての資金準備したらいいの? ★ 他にも沢山の悩みと不明点はあると思います👌 大城祐子 • コンサルタント

[老後資金 2千万円 問題]

[老後資金 2千万円 問題] ここ最近、KLの朝は涼しく過ごしやすくなってきましたー(朝7時前) 🌞 気持ちよく一日がスタートできるのは最高です! さて、先月から金融庁関連でメディアがザワついていますね。今日はそのお話です。 先月、金融庁金融審議会の「老後に2千万円が必要」とする報告書をめぐる騒動がありました。 "やはり年金が減るんだ!"、 "老後資金に2千万では足りない!"、 2千万円貯金できない人はどうなる?" など国民の間では戸惑いが広がっています😱 2千万円は以下の例を元にした数字⬇: 夫が65歳以上、妻が60歳以上の無職夫婦のケースを総務省の家計調査から計算した結果、月々の年金などの収入から生活費を差し引くと毎月5万円の不足が生じる。今後20~30年で1300万円~2000万円の資金が必要になる 報告書の本当の目的: "今後は長生きすることも踏まえ、保有資産の運用、資産形成を積極的にする様に"という国民へのメッセージだったのです。"年金制度が無くなるからお金は自分で準備なさい"という様な自分勝手な報告書ではないのです。 そもそも、公的年金というのは65歳以降に受け取れる保険制度であり、年金だけでぜいたくな暮らしは不可能。なので老後に向けての貯蓄は人生プランの中で重要視されるのです。 国民の中にはこれまでの生活レベルを保持する為に老後資金が2千万円以上必要な方々もいらっしゃいます。 この騒ぎの後、投資信託(NisaやiDeco)の加入者が大いに増え、金融商品への関心が高まっているとの事です 👏 そして、今まで未知の世界だった金融商品の知識を付ける良い機会となっています🤓 私もお手伝いできる専門分野なのでいつでもご相談ください👌 それでは、また次回 💤 大城祐子 • コンサルタント #通販 #年金 #投資信託 #貯金 #資産形成 #老後資金

Go to Top