[詐欺投資案件に注意!]
近年、海外投資ブームにより投資詐欺がとても増えています💦
私自身、海外投資商品を扱っているので、詐欺が横行しているというのは非常に悲しいし腹が立ちます😠
海外の投資は日本国内の投資より税制優遇やグローバルファンドの選択肢が多く魅力的です。しかしその一方で、運用会社が無許可であったり実態が不透明な場合などがあり、資金が持ち逃げされるケースがあるのも事実・・・。
また投資詐欺とまではいかなくても、会社が資金を使い込んでしまい、出資者の元にお金が戻ってこないケースもあります。
今回は、そういった投資詐欺被害に遭わないために、投資詐欺のよくある手口や気をつけるべきポイントについてお話ししたいと思います💡

今回は、前回のコラム『投資詐欺には気をつけて!前編』の続きです

<こんな勧誘には気をつけて!> ・「必ず儲かります」という甘い言葉・・・どんなに優秀な金融商品でも投資には多かれ少なかれ必ずリスクはありますし、元本割れしたり収益がマイナスになったりする可能性があることを覚えておいてください。元本保証の投資商品もありますが、途中解約不可などの縛りがあったりするので、内容をしっかり理解した上で契約しましょうね ・「高利回り」を推してくる・・・『年間利回り30%以上出ます』などやたらと高い配当を持ちかけられたら要注意!確かに海外には日本に比べて高配当な投資商品が数多くありますが、どんなに高くてもせいぜい10〜15%程度です。それ以上の高配当案件は怪しかったり、ハイリスクな可能性が高いので気をつけましょう。 ・「金融庁(またはその他の公的機関)から認可・許可・委託・指示などを受けている」と説明してくる・・・これは投資詐欺に非常に多い手口です!金融庁などの公的機関が投資の勧誘などを民間業者に委託することはありません🙅‍♀‍ <詐欺に遭わないためにできること> ・投資先の会社の詳細を確認する・・・契約を結ぶ前に、投資先の会社の実態をなるべく詳細に確認しておきましょう!特に重要なのは、『その会社が各国の金融商品を取り扱うライセンスを持っているのか』また『金融商品自体が各国の金融当局の認可を受けているか』という点です。ライセンスが確認できない会社は絶対にやめましょう。 ・運用状況を確認する・・・投資しているお金が今現在どのように運用されているのか、どの程度の利益が出ているのか、など運用状況がレターやウェブ上でしっかり確認できるかどうかは非常に重要です。投資したのに全く連絡がつかない、何の報告もない、などよくあるので気をつけてくださいね ・ご自身で知識をつける・・・もちろん、自分自身である程度知識をつけることも大切です。商品の内容、お金の流れ、なぜ利益が発生するのか、平均利回り、途中解約の場合の手続き、などはしっかり押さえておきましょう。 ・ファイナンシャルプランナー選びは慎重に・・・海外投資の場合、大抵ファイナンシャルプランナーを介して契約すると思うので、ファイナンシャルプランナー選びが非常に重要なポイントと言っても過言でないでしょう。 そのファイナンシャルプランナーに実績があり、信頼できる人かどうかしっかり見極めることが大切です。 大城祐子 • コンサルタント [詐欺投資案件に注意!]

Go to Top