【残念な事実】今後も期待できない日本経済

【残念な事実】今後も期待できない日本経済 少子高齢化が経済を圧迫、増大する社会保障で現役世代の社会保険料は年々増加し続けている。少子高齢社会が原因で日本の国債は雪だるま式に膨れ上がっています。国債の額は世界一でGDPと比較して、日本は266%!次いでイタリアの160%、3位にアメリカの130%です。日本国債の大半が高齢者を支援する手厚い社会保障です。 ② 日本人の平均給与があがらない。 厚生省の統計によりますと、日本人の平均給与は436万円。30年前の平均給与と比べ、現在の日本人の平均給与は同じ推移にある。通常であれば、経済性緒に伴いインフレーションの効果で物価も給与も右肩上がりに上がる。日本は先進国の中でも異例な経済状態。 ➂ 消費者が消費しない  日本の消費税増加に伴い、消費者は消費を控える様になっている。物を購入際に8%から10%に引き上げられたわけですから、給与が何十年も同じで増税されたら手取りが少なくなるのは当たり前。財布の紐がきつくなり、お金が経済に回らなくなる。体の血流と同じ。 ④ 投資に回さず、手元のお金は貯金している 日本はこの様な経済状況にあるため、日本国民が銀行にお金を預けて安心したいと思うのは当たりまえ。日本国民の貯蓄額は正解でもトップレベルです。しかし、日本の定期預金の金利はとても虚しいです。日本の大手銀行では良くて年間0.01%の世界。日本の物価上昇率は0.31%と言われています。物価上昇率が金利を上回り、実質金利はマイナスという厳しい現状です。100万円を年間0.01%の金利で銀行に預ける。100円の利息に分離課税が発生し20%税収される。残りは80円となりますよね。そしてATMからお金を引き出そうとすると110円掛かります。マイナス30円となるのです。私は海外でお仕事していますが、この様に銀行にお金を預けてマイナス金利など聞いたことないですね。 日本で生活している方はこれから、自己防衛として老後に向けてのどの様に資産形成をするべきなのか真剣に考える必要があります。日本経済に不安があり、何か資産運用を始めたいけど、何から始めて良いか分からない若い方たちは大勢いらっしゃいます。行動できずに前に進めないあなたです。お金の知識をインプットするのは良いですが、行動してアウトプットしないと今の現状からは抜けられません。大金持ちにならなくとも小金持ちになる為には、行動を起こすか起こさないかの違いですね。 大城祐子 • コンサルタント

新型コロナウイルスショック到来!継続中の投資はどうしたら良い?

[新型コロナショック?!] 新型コロナウイルスショック到来!継続中の投資はどうしたら良い? コロナウィルスの感染は相変わらず増加の一方・・・。毎日朝から夜までコロナウイルスの話題で嫌になってしまいますね😢 コロナウイルスの影響で、日本とアメリカの代表的な株価指数 ”TOPIXとS&P500” も今年の高値から20%以上も下落しました。感染収束や景気への影響度合いはまだまだ見通しがつかない状況ですが、『新型コロナショック』と後世に語り継がれることは間違いないでしょう・・・。リーマンショック以上の歴史的金融危機として名を残すかもしれません。 株や投資をしている方は、不安な毎日を過ごしていると思います。こんなに急落な株価下落や度重なるサーキットブレーカー(株式市場において、その価格が短期間で極端に変動した際に、取引を一旦強制的に止めて投資家達に冷静な判断力を取り戻す時間を与え、正しい相場を取り戻すための措置)を目の当たりにしたら、誰だって不安になりますよね。もちろん金融のプロの私だって毎日ハラハラした日を過ごしています。 しかし今、これまで積み立ててきた投資信託を売ったり、積立を止めようと考えているならちょっと待ってください‼️なぜなら、株価が大きく下がっている時に売ったり積み立てを止めることが、長期・積立・分散投資の資産形成で一番やってはいけないことだからです💦 過去には数多くの金融危機が起こり、株価も大きく下落しましたが、危機が収束すると株価は回復します。今回の新型コロナショックも、いつになるかはわかりませんがいずれは感染が収束し、株価も回復するでしょう。現時点での損失も、売却しない限りは一時的なものに留まるはずです。 特に積み立て投資は、安い時にも買い続けるので買付単価が下がり、株価が元に戻らなくてもプラスになります。新型コロナショックでもそれは例外にあらず。経済が大幅に悪化している今できることは『積立投資を続けること』です! そして、一人ひとりが「手洗い、うがい、健康管理」を心掛け、新型コロナウィルス感染症の危機をみんなで乗り切りましょう!!! 大城祐子 • コンサルタント #株 #投資信託 #コロナウィルス #株価 #コロナウイルスの影響 #資産形成

By |2021-04-25T21:39:49+09:00April 22nd, 2020|資産運用|0 Comments
Go to Top