【投資先の分散:卵を一つのカゴに盛ってはいけない】

【投資先の分散:卵を一つのカゴに盛ってはいけない】 皆さんは『卵は一つのカゴに盛るな🥚』ということわざをご存知でしょうか?これは資産運用に関することわざの一つ。 「全ての卵を一つのカゴに盛っていた場合、万が一そのカゴを落としたら全ての卵が割れてしまうが、いくつかのカゴに分けて卵を盛っていれば、カゴを一つ落としても全ての卵を割ってしまうことは避けられる」という意味です。 つまり、資産運用で大切なのは『投資先や投資時期などを分散させること』💡 投資にはローリスク・ハイリターンの商品は存在しません。でも、リスクをなるべく小さくする方法はいくつかあります。 <投資先の分散:卵を一つのカゴに盛ってはいけない> もし1つの投資商品に全ての資金を集中させた場合、運用がうまくいかないとその影響が全体に及んでしまうことになりますが、分散投資を行うことでそのようなリスクを低減させながら、安定的に利益を得る可能性を高められます。 また、分散投資の場合は基本的には長期的な価格変動を意識することになるので、売買タイミングを見極めたり、利確や損切りを気にしたりする必要は比較的薄くなります。そのため日中仕事をしている方でも、資産運用がしやすくなります。 しかし、文字通り「分散して」複数の投資対象に資金を投入することになるので、『自分の資産がどこにいくらあるのか』それぞれの投資先についてきちんと把握しておく必要があります。 <投資時期の分散:卵を一度にカゴに盛ってはいけない> 一度に全額を投資するより、何回に分けて投資したり、毎月決まった額を積立して購入時期を分散させることで、一度に投資するよりも購入価格を抑えることができます。 定期的に一定金額で投資信託を購入する『ドルコスト平均法』を利用するのも一つの手ですね💡ドルコスト平均法とは、価格が変動する金融商品を常に一定の金額でかつ時間を分散して定期的に買い続ける手法です。価格が低いときの購入量は多くなり、価格が高いときの購入量は少なくなります。 投資信託でコツコツ積立投資していくことは、資産分散と時間分散投資を同時に実現することができる最適な投資方法の一つであると言えます。 資産運用で大切なことは分散投資をして長期で継続すること。目標に向かって将来のためにコツコツと積立投資を継続していきましょう❗️ 大城祐子 • コンサルタント

政府は投資を推奨している

政府は投資を推奨している お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、日本ではお金のことについて学ぶ機会はほとんどありません。 生きていくのに必要不可欠な、とっても重要なものなのに、義務教育の中でも金融について触れることはほとんどありません😢 なぜ先進国なのに、こんなにもお金の教育がされていないのでしょうか・・・?他の先進国では子供のころからお金の勉強を積極的に教えているところもたくさんあります。 現在、アメリカの学校では投資の授業を推奨しています。すべての学校ではありませんが多くの学校が投資やお金の勉強を授業でやっています。子供のころから投資をしている子も多いんだとか。 また、イギリスの学校でも経済やお金の勉強を行います。それは『経済やお金の知識が人間力の一つ』として考えられているから。世界ではこのように学校の授業に『お金の勉強』を組み込んでいるのに、なぜ日本人は『お金の勉強』をしないのでしょうか 日本では昔からお金の勉強ができる環境づくりが不十分、そしてお金の先生となってくれる人が不足している事実が大きく関係しているのではないかと思います。 昔は大蔵省が中心になって”貯金運動“というのがあったそうです。日本国民は今でも懸命に銀行口座に貯金をしていますよね。今でも世代を超えて貯蓄運動のなごりが根強く日本にはあるのかもしれません。他の先進国と比べても、日本人は一般的に貯金上手。貯金の行動がかなり習慣化されていると実感します。 父さん世代では「預貯金は安全なもの。株や投資は危険なもの」と理解している方は多いと思います。実際に私の父も同じ考えです。投資は悪という先入観が投資の世界に飛び込むことができない可能性はありますね。 しかし、この時代、銀行にお金を預けていても利子なんて本当にわずかなものですよね。日本の銀行の利子の低さは世界的に見ても異常です。。。 さらに、自分の口座から自分のお金をおろすのに手数料を取られたり。ATMの手数料って1度の金額はそんなにかからないけど、チリも積もれば山となるですよね・・・。 国民が銀行にお金を預ける傍ら、現在の日本政府は長い間財政圧迫に悩まされている事は事実です。少子高齢化が進む中、労働人口は小さくなる一方。もちろん、回収できる年金保険料が激減していくのは理解できますね。 今の20代、30代の年金受給額は現在貰える額よりも確実に少なくなります。 そのことを受けてか、政府が国民に対して各自で資産形成をするように推奨している動きが見られます。 高校の家庭科の時間に資産運用の授業を組み込む動き、手軽にNISAやIDECOを利用して株式に投資できる環境作り、年明けの日本経済新聞には6ページにも渡り投資入門と題して記事が掲載されていましたね。金融庁とのコラボで東大生が投資の解説を分かり易く書いてありました。その記事では“貯蓄から投資の時代へ”大きな見出しが印象的でした。 “自分の身は自分で守って下さい。自己責任で資産形成をしましょう”と政府がスローガンを出す日はそう遠い話ではないかもしれませんね。 私達もきちんとお金の勉強をして、正しい情報をキャッチしていかないとこの先必ず損をしてしまいます。 国や銀行に任せっぱなしにしていざ自分が困った時には、国も銀行もあなたのことは助けてくれないでしょう😢 では、何をしたらいいのか? それは、今からでもお金の勉強を始めることです💰学ぶことに遅すぎるなんてことはありません!! これからは人生100年時代。、自分でしっかり資産形成をし、収入源を複数持っておくのが大事です✨ 大城祐子 • コンサルタント

By |2021-04-24T00:22:11+09:00April 27th, 2020|資産運用|0 Comments

PL脳とBL脳の違い

PL脳とBL脳の違い より多くの収入を得ることはとっても大事なことですが、それだけではお金に対する心配はなくなりませんよね。最終的に必要なのは、やはり『資産』です💰 皆さんは、「PL脳」「BS脳」というワードを聞いたことはあるでしょうか?簡単に説明すると、「PL」とは「Profit and Loss statement=損益計算書」の略。つまり「PL脳」とは、目先の売上や利益を最大化することを目的視する、短絡的な思考態度のことです。 対して「BS」とは「Balance Sheet=貸借対照表」の略。つまり「BS脳」とは貸借対照表の視点で家計をとらえて、長期的な目線で価値ある資産を形成していく思考態度のことです。 「人より高額な年収があるのに貯蓄が少ない!」と悩んでいる方はたくさんいますが、その理由はとても単純で、収入が入った分だけ支出してしまうから。年収が高いうちはそれでも家計は回りますが、もし収入が下がったり、身体を壊して仕事ができなくなったりしたら、家計は一気に赤字に陥ってしまうかもしれません。そういったことにならないようにするためには、「BS脳」を鍛えることが大切です。 では、具体的にどのような行動がBS脳強化につながるのでしょうか? 例えば収入の一部を、株や投資信託などの金融商品にまわす。最初のうちは、金融資産から得られるリターンはさほど大きくないかもしれませんが、複利効果によって徐々にリターンが増え、資産が増えていきます。 不動産や車や時計などの高額な買い物をする際も、数年後に売却したらいくらになるのかをあらかじめ意識して選ぶことで、単なる消費ではなくBS強化につながる良い買い物ができます。 また、新たな知識を身につけるためにスクールに通う。一時的な支出が発生しますし貴重なプライベート時間を削ることになりますが、長い目で見ればキャリアアップにつながり収入アップというリターンが期待できます。 このようにBS脳で日々の行動を考えると、短期的な収入をあまり意識せずに過ごせるようになります。金融資産・人的資産に積極的に投資することで、BSが積み上がります。そのBSから収益が得られるようになり、さらにBSが蓄積されるというプラスの循環が生まれてるのです。 皆さんもBS脳を鍛えて、価値ある資産を形成していきましょう😀 大城祐子 • コンサルタント https://www.youtube.com/watch?v=M8umW5xsvgE 「PL脳」「BS脳」を分かり易く解説。短絡的な思考態度を身に付ける事によってお金を増やす事に集中できます

By |2021-04-24T16:00:01+09:00April 23rd, 2020|お金の話|1 Comment

資産形成 日本人とアメリカ人とはどう違う

資産形成 日本人とアメリカ人とはどう違う 最近コロナに関するトピックのコラムが続いていたので、今回は久々にお金の話を・・・。 日本と海外の資産運用を比較する際、よく「日本は農耕民族的にコツコツ貯蓄をし、欧米は狩猟民族的にリスク資産の運用を好む」などと言われることがあります。とはいえ、実際のところはどうなのでしょうか?また、なぜこのようなイメージを持たれているのでしょうか🤔? 日本銀行調査統計局がまとめたデータによると、日本の家庭における金融資産合計に占める割合は現金・預金はなんと51.5%!家庭の金融資産の半分が預金や現金ということです。一方、リスク資産は株式・投資信託・債務証券などを合わせても16.8%。 対して、アメリカの家庭における金融資産合計に占める割合は、現金・預金は13.4%しかないんだとか。そして、リスク資産は株式等は35.8%、投資信託11.0%、債務証券5.6%の割合を占めています。つまりリスク資産だけで、資産の半分以上の52.4%を占めているということです! ・・・どうやら上記のイメージは本当のようですね😅 とはいえ、アメリカの人たちはむやみに「ハイリスク・ハイリターン」の投資を好んでいるというわけではなく、さまざまな資産運用方法を考えたうえでリスク分散をしています。なぜなら、アメリカの半分以上の州では、幼稚園から高校を卒業するまでの間にきちんと『金融に関する教育』を行っているから。 子どものころから資産運用の基本をしっかり勉強していれば、正しい金融リテラシーが身につきそうですよね✨教材もしっかりしていて、パソコンやタブレットでスポーツゲームを楽しみながら資産運用を学べる教材などもあるんだとか!ゲーム感覚で楽しみながら学ぶのが、一番身につきそうですよね。 日本はまだまだ金融に関する教育が少ないと私は感じています。だからいまだに「投資信託はリスクが高い危ないもの」と思っている人が多いのではないでしょうか?確かに投資にはリスクもありますが、きちんとした知識を持っていれば決して危ないものではありません。 重要なのは、もっともっと金融や資産運用に関する正しい知識を持ち、正しい理解を深めること。そしてそれらを踏まえた上での積極的な資産運用ではないでしょうか💡ネガティブなイメージを持つだけでなく、ぜひまずは勉強してみてくだい!時間があるときに携帯でググるだけでも構いません。まずは一歩を踏み出すところから😊 大城祐子 • コンサルタント

By |2021-04-25T21:14:37+09:00April 23rd, 2020|資産運用|0 Comments

新型コロナウイルスショック到来!継続中の投資はどうしたら良い?

[新型コロナショック?!] 新型コロナウイルスショック到来!継続中の投資はどうしたら良い? コロナウィルスの感染は相変わらず増加の一方・・・。毎日朝から夜までコロナウイルスの話題で嫌になってしまいますね😢 コロナウイルスの影響で、日本とアメリカの代表的な株価指数 ”TOPIXとS&P500” も今年の高値から20%以上も下落しました。感染収束や景気への影響度合いはまだまだ見通しがつかない状況ですが、『新型コロナショック』と後世に語り継がれることは間違いないでしょう・・・。リーマンショック以上の歴史的金融危機として名を残すかもしれません。 株や投資をしている方は、不安な毎日を過ごしていると思います。こんなに急落な株価下落や度重なるサーキットブレーカー(株式市場において、その価格が短期間で極端に変動した際に、取引を一旦強制的に止めて投資家達に冷静な判断力を取り戻す時間を与え、正しい相場を取り戻すための措置)を目の当たりにしたら、誰だって不安になりますよね。もちろん金融のプロの私だって毎日ハラハラした日を過ごしています。 しかし今、これまで積み立ててきた投資信託を売ったり、積立を止めようと考えているならちょっと待ってください‼️なぜなら、株価が大きく下がっている時に売ったり積み立てを止めることが、長期・積立・分散投資の資産形成で一番やってはいけないことだからです💦 過去には数多くの金融危機が起こり、株価も大きく下落しましたが、危機が収束すると株価は回復します。今回の新型コロナショックも、いつになるかはわかりませんがいずれは感染が収束し、株価も回復するでしょう。現時点での損失も、売却しない限りは一時的なものに留まるはずです。 特に積み立て投資は、安い時にも買い続けるので買付単価が下がり、株価が元に戻らなくてもプラスになります。新型コロナショックでもそれは例外にあらず。経済が大幅に悪化している今できることは『積立投資を続けること』です! そして、一人ひとりが「手洗い、うがい、健康管理」を心掛け、新型コロナウィルス感染症の危機をみんなで乗り切りましょう!!! 大城祐子 • コンサルタント #株 #投資信託 #コロナウィルス #株価 #コロナウイルスの影響 #資産形成

By |2021-04-25T21:39:49+09:00April 22nd, 2020|資産運用|0 Comments

【マレーシアで遺言書の準備】

【マレーシアで遺言書の準備】 こんにちわ~、皆さん! 今日はマレーシアで作成できる遺言書のお話です。 マレーシア在住のお母様からのちょっとした質問から、以下のお話し内容をシェアすることにしました。 殆どの皆さまがご存じでない分野だと思いますので、情報共有させて下さいね。 知ってて損しない内容です! こういった方々が対象: *マレーシアで長期滞在を考えている *MM2H保持者 *EPF(国の個人年金制度 *マレーシアの定期預金を持っている *マレーシアの不動産保持者 遺言書を準備しておくと、後々親族がトラブルにあわないように今から対策できるので、必見です! パンフレットはStep1Malaysiaさんからのご提供です。 https://www.youtube.com/watch?v=GE075iAa5iA

Go to Top