[ストレスのない貯金術・裏技]

[ストレスのない貯金術・裏技] 皆さんの中には「貯金を増やしたい!」「家計簿をつけて収支を把握したい」と思いながらもついつい三日坊主で終わってしまってなかなか続かない・・・という方もいらっしゃると思います。それは「自分の意志が弱いから」と思っているかもしれませんが、そんなことはありません!きっと、「続けるためのコツ」を知らないだけ。誰でもお金が貯められるようになるためにすべき3つのことをまとめてみました ①貯金を習慣にする(そのためのルール・条件を決める)・・・お金を貯めるにあたって最も大切なこと、それは『習慣化すること』。例えば、毎日朝と夜歯磨きをすることも、外から帰ってきたら手を洗うことも、ご飯を食べるときに「いただきます」をいうことも、当たり前すぎて無意識にやっていることですが、習慣化されているからできることですよね。貯金も習慣化しちゃえば、ストレスに感じずに続けることができます。 更に、条件と行動をセットにして、習慣として生活に一部に取り入れると尚よし例えば「ご飯を食べたら(条件)」「歯を磨く(行動)」。このようにセットにすることで、継続しやすくなります。 貯金も難しく考えずに、歯磨きのような感覚で考えてみてください 「雨の日には500円を貯金する」とか「買い物のお釣りでもらった小銭は貯金する」とか「毎日〇〇円貯金する」とか、なんでもいいんです。とにかく自分なりの条件・ルールを作ってそれを習慣化することが大事 ②目標設定は少額から!・・・三日坊主になってしまう人の原因の一つとして「目標が大きすぎる」という点が挙げられます。確かに目標は高く持った方がいいですし、大きい方がやる気も出ると思うのですが、習慣を長続きさせたいのならまずは目標は小さく設定してすぐに結果を感じられるようにするのがオススメ人は目に見える結果が出ると、モチベーションを維持できます いきなり「1000万を貯金する」という目標を目指すより、「10万円を貯金する」という小さな目標を持って、それを達成したら更に目標を上げてみましょう! ③記録に残す・・・ダイエットにも「レコーディングダイエット」とい方法がありますよね!食べたものや摂取カロリーを記録することで体重管理の意識が高まり、ダイエットに成功しやすいと言われています。トライしたことある方も多いのでないでしょうか? 貯金も同じで、記録に残すことで貯金を習慣づけることができます。 今回オススメしたいのは、「使ったお金」を記録する家計簿ではなくて、「貯めたお金」を記録する家計簿。 「使ったお金」を記録する家計簿はどうしても支出に注目してしまうので、「こんなに使ってしまった・・・」という罪悪感がストレスの元になって書くことも貯めることも挫折してしまいがちです でも「貯めたお金」を記録する家計簿なら貯金額に意識が向けられるので「来月はもっと貯めよう」という貯金意欲がアップ! 自分にとって続けやすい条件あ行動を決めて習慣化すれば、きっと三日坊主から脱却できるはず 大城祐子 • コンサルタント #fp_yuko_malaysia #fpyuko #貯金術 #貯金裏技 #上手な貯金

[固定費の抑え方]

[固定費の抑え方] ご自身の資産を増やす際に最初に考えるべき事は家計の見直し、「支出を抑える」です。 今回のコラムのトピックは「固定費の見直し」についてお話していきます。 家計の支出項目は、「変動費」と「固定費」の2つに大きく分けられます。 「変動費」とは食費、交際費、医療費、被服費などその時々で変動する費用のこと。一方、「固定費」とは家賃、スマホ代、保険料、光熱水費など毎月必ず発生する一定額の費用のことを言います。 できることなら両方とも節約を意識したいことろですが、変動費は必要に応じて支払う金額が変わるので節約しようと思ってもなかなか上手く行かないことも多いです。 家計の改善をしたいなら、まずは固定費の節約から意識してみましょう ・住居費の節約・・・固定費のなかでも多くの割合を占める住居費。住居費の目安は収入の30%と言われているので、極端に30%をオーバーしている方は見直しの必要がありますね例えば、賃貸なら更新時期に家賃交渉をする、持ち家ならローンの繰上げ返済をしたりローン借り換えをするなど これから購入を検討している方はできるだけ頭金を多く用意するのがオススメです借入金が減る分だけ利息が節約できますし、金利の優遇を得られる可能性があります。 ・通信費の節約・・・大手3キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)のいずれかと契約中の方は、格安SIMに切り替えるだけで大きな節約になること間違いなし!格安シムカードには価格の安さだけではなく、2年縛りなどの契約を気にしなくて良い、料金体系がシンプル、などのメリットがあります。 しかしもちろんデメリットもあるので(データ通信速度が安定しない、キャリアメールやキャリア独自のサービスを利用できない、など)ご自身に合った格安SIMを見つけてくださいね。 ・保険料の見直し・・・トラブルに備えて保険に加入しておくのはもちろん大切なことですが、保険をかけすぎて本来備えるべき「貯蓄」ができなくなっては本末転倒ですよね もし保険料が手取り収入に対して3%の割合を超えている場合は見直しをした方が良いかも。複数の保険に加入している方は、それぞれの保障内容に重複がないか見直しをしてみてください。 ・光熱水費の見直し・・・水道料金と違い、電気代とガス代は、どちらも会社・プランの見直しで節約が可能です「電気代・ガス代を節約するために、それぞれ別の会社に申し込みするのは面倒だ・・・」と考える方は、電気とガスがセットになったプランもありますよ。 一度にお得な電気とガスに切り替えられるのはもちろん、セット割引も適用されて光熱費の節約ができます 一つ一つの項目の削減額はさほど大きくないかもしれませんが、1年トータルで考えるとかなりの差額になります!そして、5年、10年の期間で見れば多額の節約となるでしょう。 この様な固定費の見直しは金額を抑えるだけでなく、日常生活で買い物する際に「これは本当に必要な支出なのか」と無駄な支出を避けるための「考え方」をつける事ができます。 また固定費が節約できれば、その分他の費目にお金が使えたり、貯蓄や資産運用に回すことができます。 ぜひ一度固定費の見直しをしてみてくださいね\(^o^)/ 大城祐子 • コンサルタント

【退職金の大切なお話】

【退職金の大切なお話】 皆さんは、ご自身の退職金についてどの程度知っていますか?まだまだ先のことだから・・・と、意外と退職金について把握してない方が多いようです。 昔はどこの企業にも当たり前にあった退職金制度ですが、実は最近では退職金がない企業も増えています。転職が当たり前になりつつある今、退職金制度がしっかりしている企業は今後ますます少なくなっていくかもしれません。 また、退職金制度があるにしても今のうちから金額や支給時期をしっかり把握しておかないと、「思ったより少ない!」「こんなはずじゃなかった!」とあたふたする羽目になりかねないので注意しましょうね <退職金は大きく分けて2種類> 退職一時金・・・退職時に一括で退職金を支給する制度です。支給が一回のみで以降は基本的に支給されません。退職金と聞くと大体の方がイメージされるのがこちらのタイプではないでしょうか? 退職年金制度・・・年金制度などを活用して一定期間、あるいは生涯にわたって給付を行う退職年金制度です。退職一時金制度か退職年金制度のどちらか一方という企業もありますが、大企業などでは両方を支給している企業もあります。 <退職金のメリット> 退職金の最大のメリットは大きな税控除があるということ給与には所得税がかかりますが、退職一時金としてもらえば控除があるため、税金面ではお得と言えるでしょう。とはいえ退職金はあくまで後払いの給与のようなもの。ボーナスのようなご褒美というわけではなく、日頃から会社が老後資金を積み立ててくれていると考えましょう <退職金がない場合はどうすれば?!> 冒頭でもお伝えしましたが、今は退職金がない企業も結構あります。 では退職金をアテにできないならどうすればいいのでしょう? それは、ご自身で早いうちから老後のために資産運用するしかありません資産運用と一口で言っても、投資信託、株式投資、年金保険、外貨預金、iDeCo、NISA、ジュニアNISA、つみたてNISA、仮想通貨、不動産投資、FX、国債など様々な方法があります。 自分の老後に一体いくらお金が必要なのか、自分に向いている資産運用はどれなのか、しっかり考えてご自身に合った方法で資産運用してくださいね! #不動産投資 #株式投資 #資産運用 #仮想通貨 #転職 #退職金 大城祐子 • コンサルタント [老後破産] 年金はいくら貰えるのか【最新の財政検証を元に試算した結果】 老後資金は貯金では解決できない [老後資金 2千万円 問題]

【クレジットカードの滞納をするとヤバい件】

【クレジットカードの滞納をするとヤバい件】 クレジットカードの支払いにしても、電子決済にしても、支払い期限までに請求金額を支払わなければならないのは当然ですよね。 しかし万が一何かしらの事情で支払いができなかったらどうなると思いますか? もちろんそんな事態は避けたい事態ですが、人生は何があるか分からないので念のため知っておきましょう クレジットカードの支払いを滞納すると下記のようなリスクが発生します。 クレジットカードが利用停止になり使えなくなる ↓ 電話やハガキなどで督促 ↓ カードの強制解約、信用情報機関への事故登録(いわゆるブラックリスト) ↓ 一括返済の請求が届く ↓ 強制執行による差し押さえ ・・・怖いですよね。また、上記の状態にまでいかなくても、約束期日までに引き落としができないなどの状況が3回程度続くと、その情報は信用情報機関である株式会社シー・アイ・シー(CIC)や株式会社日本信用情報機構(JICC)、全国銀行協会(KSC)といった団体に送られることになっています。 これらの団体は、消費者のクレジットやローンに関する信用情報(個人の属性・契約内容・支払状況・残債額など)を加盟会員から収集し、加盟会社からの照会に応じて情報を提供する団体です。 クレジットカード会社などの与信判断を手助けし、同時に返済能力を超えた多額・多重の借入れに陥らないよう生活者を保護する役割も担っています。では、実際に支払いが滞ったという情報が登録されてしまったらどんなことが起こるのでしょうか? ・新しくクレジットカードが作れない ・住宅ローンのほか、各種ローンを組む際に審査おりない ・クレジットカードを利用して受けられるサービスが受けられない(例えば、ETCが使えず現金払いのレーンに並ぶことになったり、クレジットカードによる決済なら不要な手数料などがかかるなど) 以上、ちょっと怖い内容になってしまいましたが、基本的はすぐに対処できれば大きな損害にはなりません。ついうっかり支払いを忘れてしまった場合はカード会社に電話してすぐ振り込みをしましょう。 しかし、どうしても支払いができず滞納する期間が長くなればなるほど問題は深刻化していきます。そんな時はできるだけ早い段階で専門家に相談してくださいね! 大城祐子 • コンサルタント 【投資先の分散:卵を一つのカゴに盛ってはいけない】

By |2021-04-23T11:46:56+09:00February 8th, 2021|経済・社会問題, 退職後, 遺産相続, 雑談|0 Comments

日本人平均貯蓄額

日本人平均貯蓄額 資産運用のご相談を受けている時に、 「私の年齢ならどれくらい貯蓄をしていれば安心ですか?」 「平均はどれくらいですか?」 などと質問をいただくことがよくあります。 その方の家族構成、生活状況にもよるので一概に『いくらあれば安心』とは言えませんが、やはり周りの人がいくらくらい貯蓄しているのかは気になりますよね・・・🤔 これからそのデータをご紹介しますが、このデータを見るにあたって重要な点が2つ。 一つは「貯金額」と「貯蓄額」は違うということ。一般に「貯金」は、銀行の普通預金や定期預金、タンス預金のことですが、「貯蓄」は預貯金はもちろん、株式や投資信託などの有価証券、生命保険や個人年金保険、会社で積み立てている財形貯蓄なども含まれます。なので、「貯金」はゼロだけど「貯蓄」はたくさんあるという人もいるんですね💡 二つ目は「平均値」と「中央値」について。「平均値」いうのは、あくまで「平均」で極端に貯蓄の多い人がいると、実際には貯蓄の少ない人の方が多くても平均額が上がってしまいます。対して「中央値」とはデータを小さいものから順に並べた時、その真ん中にある値のことです。現実に近いものとしては「中央値」を見る必要があるのです。   厚生労働省の国民生活基礎調査[各種世帯の所得等の状況]によると年代別の平均貯蓄額は以下の通りです。   年代 平均貯蓄金額 29歳以下 155万円 30~39歳 404万円 40~49歳 653万円 50~59歳 1,051万円 60~69歳 1,339万円 70歳以上 1,264万円   ※出典:http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa16/dl/16.pdf   更に世帯別に分類した平均貯蓄額と中央値は以下のようになっています。 【1世帯あたりの貯蓄金額について中央値と平均値の比較】 全世帯 高齢者世帯 児童のいる世帯 母子世帯 中央値 500~700万円未満 500~700万円未満 300~400万円未満 50万円未満 平均値 1,033万円 1225万円 707万円 327万円 ※2016年国民生活基礎調査[各種世帯の所得等の状況](厚生労働省)をもとに算出(2018年5月) https://www.joyobank.co.jp/woman/column/201504_04.html   どの世帯区分も中央値が1世帯あたりの平均貯蓄金額(平均値)を大きく下回っていることがわかりますね。 先にも記述しましたが「平均値」の中には一部の富裕層の貯蓄も含まれるので、「みんなどれくらい貯金しているの?」という疑問に対しては中央値を見ることをオススメします。   続いて2人以上の世帯の平均負債額をみてみましょう。   総数 29歳以下 [...]

By |2021-04-23T23:43:06+09:00May 29th, 2020|退職後|0 Comments

マネーリテラシーの向上のお手伝い

https://www.youtube.com/watch?v=zFCQk5WqrBs マネーリテラシーの向上のお手伝い こんにちは、皆様🎵 マレーシアでは行動制限が4月28日まで延長💦 ポジティブにこれからの将来の事を考える良いきっかけの時期。皆様も有意義に時間を利用できるといいですね✨ 世界でコロナウイルスと最前線で戦っている医療従事者に心から敬意を払いたいと思います。感謝の気持ちしかありません💗本当に有難うごございます<m(__)m> この行動制限中に(マレーシアに限らず日本居住の日本人の方々)からのお問い合わせが増えています。 質問内容としては”真剣に資産運用したい”、”積立投資とは何か?”、”日本以外の金融商品を扱っているのか?”、”日本経済への不安”などなど。 多くの日本人の方が金融リテラシーを向上したいという思いがあるようです。素晴らしい限りです! 私は”日本人の金融リテラシー向上に貢献したい”と強く感じている一人。より多くの人がお金に賢くなるべきです。 どの様な質問でも良いので、直接メッセージくれるか、又は↓のコメント欄にどしどし質問してくださいね。 ご存じの通り、これからの世の中も ”自分の身は自分で守る” ことが実際に証明されてきている世の中です。 他力本願では誰も助けてくれません。 ご自身がこれから築き上げる人生の結果はだれの責任ではなく、紛れもなく自分の責任です。 まずは、日本人にとってはデリケートな “お金の質問” をしてみることから始めてみてみませんか? マインドをオープンにして自分の選択肢を考えてみてくださいね。  

By |2021-04-25T20:58:08+09:00April 23rd, 2020|ウェブ相談|0 Comments

デジタルな時代: 上手く活用

デジタルな時代: 上手く活用 マレーシアでは国閉鎖3日目が終了致しました。基本外出は禁止。期間限定で息苦しい中で生活しております😵💦 しかし、不満を言い続けていても何も変わらないので、ポジティブにものを考える習慣を身に付けようと努力しています❣"人生一度きりの貴重な経験"だと思いますので、できる限り家族と充実した日々を送りたいです。人生前進あるのみ😉 この状況の中で、皆様はいかがお過ごしでしょうか。 私のお仕事に関してですが、行動制限期間(そして、ロックダウン)中は在宅ワーク。ご相談受付は通常通りです。ロックダウン前は実際にクライエントとお会いしてご相談の受付け。現在はZoom(ビデオミーティング)を利用して、現在在宅ワーク中のクライエントとやり取りを続けております。現在アクセスできるテクノロジーでコミュニケーションが取れるわけで、この手を利用しないわけがないですよね👌コンピュータとWifiさえあればお仕事ができる。有難い技術です! ご存じの通り、現在の世界経済状態は紛れもなく不健康です。。。偏りすぎていない情報を元に、様々な角度から物事を分析する必要があります。お忙しい毎日だと思いますが、このような状況だからこそ一度立ち止まってみて、ご自身のこれからの将来のあり方、資産形成の仕方を考えてみて下さいね。 この騒ぎが一刻も早く収束しますよう願っています😌🙏 https://www.youtube.com/embed?listType=playlist&list=PLmGMHXAiRarIdwtz6VEFIZvdwtFS5u3Cs

By |2021-04-25T21:43:59+09:00April 22nd, 2020|ウェブ相談|0 Comments

皆さん、こんにちわ〜🙋‍♀️

皆さん、こんにちわ〜🙋‍♀️ 長い夏休みとあってたくさんのご家族が海外旅行されていますね🏝 長い夏休みとあってたくさんのご家族が海外旅行されていますね🏝 長い夏休みとあってたくさんのご家族が海外旅行されていますね🏝 長い夏休みとあってたくさんのご家族が海外旅行されていますね🏝 お久しぶりです〜。お元気でしょうか😊 長い夏休みとあってたくさんのご家族が海外旅行されていますね🏝 私たち家族はパースとゴールドコーストに行って参りました。25年振りの訪問です~🤟 オーストラリアは南半球にあるので今は冬。 気温は12度くらいで寒かったです。。。パースでは散歩中に雨が降ってしまいズボ濡れ。。。😅 空気は凄く澄んでいて湿気感はゼロで乾燥しています。とても過ごしやすかったです🌟 ゴールドコーストでは日本人の観光客やワーホリで来てる若い方々、留学生がちらほら。 川沿いでは"富"を象徴する素敵な豪邸が建ち並び、ボートが浮かび、プライベートヘリも飛んでいました!!! 🤹 優雅な生活でいいですよねー 老後はゴールドコーストでも良いなと感じてしまった旅でした。 それまでに資産形成しなきゃです! 🤟 大城祐子 • コンサルタント

Go to Top