コラム一覧2021-04-20T11:39:01+09:00

【年齢別、貯金のガイドライン】

【年齢別、貯金のガイドライン】 このコラムをお読みになってくださっている方はおいくつの方が多いのでしょうか・・・? 今日は皆さんに『年代別に習慣にしておきたいこと』をご紹介したいと思います。これを意識するかしないかで遠い将来の貯蓄に大きな差が出ると思います! <20代のうちに習慣にしておきたいこと> ・貯金はなるべく早くから始めておこう ・30歳までに貯める金額を設定 ・自分の収支を把握する 20代のうちは、社会人になりたての人が多いと思います。社会人になってからお金とどう付き合っていくかでその先の人生が大きく左右されます。貯蓄は少しでも早く始めることが鍵 後回しにしているとなかなか貯蓄の習慣がつかないので、お給料が出たらまず最初に貯金分を抜いて、余ったお金でやりくりするクセをつけるといいですよ 家計簿を付けたりして、自分の収支をしっかり把握してお金音痴から抜け出しましょう! [...]

[短期間でお金を貯める方法 前編]

[短期間でお金を貯める方法 前編] 皆さんこんにちはー ご存じの通り日本は長寿大国で素晴らしい国ですが、逆の意味で言えば長寿にはリスクが伴うという事も理解しなければなりません。長生きすればするほど生活費を従来以上に貯金をしなくてはいけません。 皆さんは、金融庁が「多くの人の老後資金が2000万円不足する」と発表して話題になったことを覚えているでしょうか?人生100年時代に備えて老後の資金を自分でも準備してくださいね、という論旨です。 でも、老後に備えて2000万円を準備することが必ずしも正解とは限りません。これはあくまで平均額で、収入と支出は人によって異なるからです。収入は公的年金だけでなく、個人年金や不動産の賃貸収入等が含まれています。支出についても人それぞれのお金の使い方があるため、2000万円でも十分な方もいれば全然足りない方もいるでしょう。平均額はあくまで参考程度としてお考えください さてさて。仮にあなたが現在50代で、現段階で老後の貯金が十分ないとしましょう。でも、焦ることはありません。今回は、貯金がない方でも短期間で老後の貯金をしっかり準備できる方法を全編・後編の二回に分けてご紹介します ①収入と支出を見直す・・・最も大切なことは現在の収入と支出を把握し見直すこと。自分が得ている収入に対して、「どんなことに」「いくら」お金を使っているかを知らないと、改善すべきポイントを見つけることが難しいからです。自分の課題を知ることで、これからどのように行動すればよいかが明確になります。まずは自分の年齢と収入支出をできるだけ詳しく紙に書き出して自分の生活を見直してみましょう。 ②定年退職後も働き続ける・・・厳しいことをいうようですが、やはりお金を生み出すには働くしかありません。今後は定年退職せずに働き続けるという選択肢がかなり一般的になると思います。定年後の働き先については、ハローワークを利用する、家族や知人からの紹介、会社に直接問い合わせをするなどいろいろな方法がありますし、再雇用をするメリットとして経験や技術を豊富に持った即戦力を確保できることや、若手人材の教育や成長につながるとして積極的にシニア採用をしている企業も増えています 後編へ続く・・・ [...]

【年齢別、貯金のガイドライン】

【年齢別、貯金のガイドライン】 このコラムをお読みになってくださっている方はおいくつの方が多いのでしょうか・・・? 今日は皆さんに『年代別に習慣にしておきたいこと』をご紹介したいと思います。これを意識するかしないかで遠い将来の貯蓄に大きな差が出ると思います! <20代のうちに習慣にしておきたいこと> ・貯金はなるべく早くから始めておこう ・30歳までに貯める金額を設定 ・自分の収支を把握する 20代のうちは、社会人になりたての人が多いと思います。社会人になってからお金とどう付き合っていくかでその先の人生が大きく左右されます。貯蓄は少しでも早く始めることが鍵 後回しにしているとなかなか貯蓄の習慣がつかないので、お給料が出たらまず最初に貯金分を抜いて、余ったお金でやりくりするクセをつけるといいですよ 家計簿を付けたりして、自分の収支をしっかり把握してお金音痴から抜け出しましょう! [...]

【この時代、ネットバンキングを利用していない方はいるのでしょうか?】

【この時代、ネットバンキングを利用していない方はいるのでしょうか?】 皆さんは、ネット銀行を利用していますか? ネット銀行とは、「ネットバンキングを専業で行っている銀行」のことで、今まで私たちが利用してきた普通の銀行の事業形態とは異なり、基本的には店舗を持たない、または限られた店舗しか持たない銀行です。申し込み手続きをする際もネット上で行い、本人確認書類(運転免許証のコピーなど)をメールで送付することで、誰にも会わずに口座開設ができます。 <ネット銀行のメリット> ・24時間利用可能・・・パソコンやスマホで24時間利用することができます。 ・ATM提携・・・窓口や、自社のATMを持たないネット銀行の場合、お金の出し入れはコンビニやスーパーなどにある提携ATMを利用できます。銀行によりATMの提携先や利用手数料が異なります。 ・手数料が安い・・・従来の銀行の振込手数料は窓口では600〜800円、ATMでは200〜400円が一般的ですが、ネット銀行は無料〜300円と低く設定されています。 ・預金金利が比較的高い・・・従来の銀行の普通預金の金利はゼロに限りなく近い 中、ネット銀行の金利は、比較的高い傾向にあります。 ・預金保護(ペイオフ)の対象・・・ネット銀行も、従来の銀行同様、国から許可を受けた銀行であり、すべてのネット銀行が預金保険機構に加入しています。預金保護(ペイオフ)の対象なので、破綻した場合でも元本1,000万円までの円預金と破綻日までの利息等は保護されます。 [...]

[消費税15%もう限界。。。]

[消費税15%もう限界。。。] すでにニュースで見た方もいらっしゃると思いますが、日本はコロナ収束後に消費税を15%に引き上げるかもしれないようです。 10%に引き上げられたのもつい最近なのに、更に5%・・・恐ろしいですね そもそも、なぜ15%に引き上げられるのか?使い道は何なのか? 消費増税に関する疑問をひとつひとつ紐解いていきましょう。 ●まず、なぜ10%から15%に引き上げられるのか? それは、10%のままだと“足りないもの”があるからです。 政府はコロナ経済対策として1年に3回の補正予算を組み、国費76兆円、財政投融資などを合わせた総事業費300兆円を注ぎ込みました。その結果、今年度の新規国債の発行額は過去最高の112.6兆円になってしまったのです。 国債はいわば国の借金です。借金をしたらもちろん返済しないといけないですよね。 その借金を全世代で負担を分かち合おうと選ばれた手段が、消費税の増税なのです [...]

【退職金の大切なお話】

【退職金の大切なお話】 皆さんは、ご自身の退職金についてどの程度知っていますか?まだまだ先のことだから・・・と、意外と退職金について把握してない方が多いようです。 昔はどこの企業にも当たり前にあった退職金制度ですが、実は最近では退職金がない企業も増えています。転職が当たり前になりつつある今、退職金制度がしっかりしている企業は今後ますます少なくなっていくかもしれません。 また、退職金制度があるにしても今のうちから金額や支給時期をしっかり把握しておかないと、「思ったより少ない!」「こんなはずじゃなかった!」とあたふたする羽目になりかねないので注意しましょうね <退職金は大きく分けて2種類> 退職一時金・・・退職時に一括で退職金を支給する制度です。支給が一回のみで以降は基本的に支給されません。退職金と聞くと大体の方がイメージされるのがこちらのタイプではないでしょうか? 退職年金制度・・・年金制度などを活用して一定期間、あるいは生涯にわたって給付を行う退職年金制度です。退職一時金制度か退職年金制度のどちらか一方という企業もありますが、大企業などでは両方を支給している企業もあります。 <退職金のメリット> 退職金の最大のメリットは大きな税控除があるということ給与には所得税がかかりますが、退職一時金としてもらえば控除があるため、税金面ではお得と言えるでしょう。とはいえ退職金はあくまで後払いの給与のようなもの。ボーナスのようなご褒美というわけではなく、日頃から会社が老後資金を積み立ててくれていると考えましょう <退職金がない場合はどうすれば?!> [...]

Go to Top