資産運用

「金融リテラシー」と、年収・資産の相関関係――あなたの金融リテラシーを判定!

「金融リテラシー」と、年収・資産の相関関係――あなたの金融リテラシーを判定! 日銀を事務局とする金融広報中央委員会が、18歳以上の個人の金融リテラシーの現状把握を目的に実施するのが金融リテラシー調査だ。 金融リテラシーとは、日々の家計管理や資産形成、金融取引や保険、金利やローンの知識など、お金と上手に付き合うために必要な知識や判断力のこと。 調査は、「高インフレ時には、生活に使うものやサービスの値段全般が上昇する?」(正解は「正しい」、この正答率は62%)といったような“金融知識”や“判断力”に関する25の正誤問題と、「1カ月の収入や支出を把握している」などといった記述に対し、自分があてはまるどうかを答える“行動特性”や“意識”に関する58の設問で構成されている。 18~79歳の全国25,000名の男女を対象に、2016年には第1回目調査が、そして2019年には第2回目の調査が行われている。 「県民性」と金融リテラシーの相関関係 金融広報中央委員会が実施した調査では都道府県別に調査結果を集計し、都道府県ごとに金融リテラシーの分析を行っている。 各都道府県の正答率ランキングは図1の通り。結果は1位香川県、2位長野県、3位山形県となった(図1)。 ちなみに東京都はというと、正答率は全国平均の56.6%をわずかに上回る56.8%で順位は47都道府県中20位。 図1:正答率の都道府県別ランキング [...]

[お金の豆知識・雑学]

[お金の豆知識・雑学] 私たちの日々の生活に欠かせない「お金」。身近なものだからこそ、お金に関する豆知識や雑学はいろいろあり、けっこう奥深くて面白いんですよ 今回は、話のネタになるお金の豆知識・雑学についてご紹介したいと思います♪ <破損した紙幣、その後どうなるの?> 何らかの理由で破損してしまった(破れてしまったり、シワクチャすぎて使えなかったり)紙幣は、銀行の窓口で交換してもらうことができます。では、その交換された紙幣は一体どうなると思いますか? 破損した紙幣は裁断され再生紙に変えられ、トイレットペーパーや封筒などのリサイクル品や住宅用建材や固形燃料の原料などになります。もしかするとあなたが使っているトイレットペーパーはもともとは1万円札だったかもしれませんね <劣化した貨幣はどうなるの?> では、劣化してしまった貨幣はどうなのでしょうか? 貨幣は金属なので基本的には半永久的に劣化しません。しかし自動販売機などでも認識できないほど摩擦や劣化してしまった貨幣は金融機関から日本銀行経由で造幣局に戻されます。そして貨幣の素材として再利用されます。 <お金を作るのにかかるコスト> [...]

政府は投資を推奨している

政府は投資を推奨している お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、日本ではお金のことについて学ぶ機会はほとんどありません。 生きていくのに必要不可欠な、とっても重要なものなのに、義務教育の中でも金融について触れることはほとんどありません😢 なぜ先進国なのに、こんなにもお金の教育がされていないのでしょうか・・・?他の先進国では子供のころからお金の勉強を積極的に教えているところもたくさんあります。 現在、アメリカの学校では投資の授業を推奨しています。すべての学校ではありませんが多くの学校が投資やお金の勉強を授業でやっています。子供のころから投資をしている子も多いんだとか。 また、イギリスの学校でも経済やお金の勉強を行います。それは『経済やお金の知識が人間力の一つ』として考えられているから。世界ではこのように学校の授業に『お金の勉強』を組み込んでいるのに、なぜ日本人は『お金の勉強』をしないのでしょうか 日本では昔からお金の勉強ができる環境づくりが不十分、そしてお金の先生となってくれる人が不足している事実が大きく関係しているのではないかと思います。 昔は大蔵省が中心になって”貯金運動“というのがあったそうです。日本国民は今でも懸命に銀行口座に貯金をしていますよね。今でも世代を超えて貯蓄運動のなごりが根強く日本にはあるのかもしれません。他の先進国と比べても、日本人は一般的に貯金上手。貯金の行動がかなり習慣化されていると実感します。 父さん世代では「預貯金は安全なもの。株や投資は危険なもの」と理解している方は多いと思います。実際に私の父も同じ考えです。投資は悪という先入観が投資の世界に飛び込むことができない可能性はありますね。 しかし、この時代、銀行にお金を預けていても利子なんて本当にわずかなものですよね。日本の銀行の利子の低さは世界的に見ても異常です。。。 [...]

By |April 27th, 2020|Categories: 資産運用|Tags: , , , , , , , |0 Comments

遺産相続 親が元気なうちにしっかり話し合いをしておく

遺産相続 親が元気なうちにしっかり話し合いをしておく 気づけば私もアラフォー・・・ 40代になったらそろそろ意識しないといけないのが『相続問題』です。日本では年々相続争いの件数が増えているという調査結果もあります。今回は、いわゆる「争続」を避けるために、40代のうちにやっておくべきことは何か一緒に考えていきましょう。 「争続」を避けるには遺言が一番有効ですが、突然親御さんに遺言の話をするのはなかなか気まずいものですよね。 そんな時は、『エンディングノート』を勧めてみてはいかがでしょうか?最近テレビやニュースなどでも取り上げられていることもあり、不思議とエンディングノートを書くことには抵抗がない方が多いようです。「終活」という言葉が一般的になってきたからでしょうか☺️💓 エンディングノートを実際に手にしたことのある方は少ないかもしれませんが、エンディングノートにはこれからのライフプランや夢や目標などを書く欄があり、「死」を考えるというより、むしろ「今後の充実した生活プラン」に重きが置かれています。 なので、遺言書を作成するより気持ち的にかなりハードルが下がると思います。エンディングノートを書き始めることが結果的に遺言の作成につながり、相続争いを避けることができるのです。 続いてのポイントは、「親が元気なうちにしっかり話し合いをしておく」という点。 元気なうちに話し合うことで、その場しのぎの財産分与で争いが起こることを避けるだけではなく、どこにどの程度の資産があるのか把握し、死後どうして欲しいのかなど親の意思を聞くきっかけにもなります。 [...]

資産形成 日本人とアメリカ人とはどう違う

資産形成 日本人とアメリカ人とはどう違う 最近コロナに関するトピックのコラムが続いていたので、今回は久々にお金の話を・・・。 日本と海外の資産運用を比較する際、よく「日本は農耕民族的にコツコツ貯蓄をし、欧米は狩猟民族的にリスク資産の運用を好む」などと言われることがあります。とはいえ、実際のところはどうなのでしょうか?また、なぜこのようなイメージを持たれているのでしょうか🤔? 日本銀行調査統計局がまとめたデータによると、日本の家庭における金融資産合計に占める割合は現金・預金はなんと51.5%!家庭の金融資産の半分が預金や現金ということです。一方、リスク資産は株式・投資信託・債務証券などを合わせても16.8%。 対して、アメリカの家庭における金融資産合計に占める割合は、現金・預金は13.4%しかないんだとか。そして、リスク資産は株式等は35.8%、投資信託11.0%、債務証券5.6%の割合を占めています。つまりリスク資産だけで、資産の半分以上の52.4%を占めているということです! ・・・どうやら上記のイメージは本当のようですね😅 とはいえ、アメリカの人たちはむやみに「ハイリスク・ハイリターン」の投資を好んでいるというわけではなく、さまざまな資産運用方法を考えたうえでリスク分散をしています。なぜなら、アメリカの半分以上の州では、幼稚園から高校を卒業するまでの間にきちんと『金融に関する教育』を行っているから。 子どものころから資産運用の基本をしっかり勉強していれば、正しい金融リテラシーが身につきそうですよね✨教材もしっかりしていて、パソコンやタブレットでスポーツゲームを楽しみながら資産運用を学べる教材などもあるんだとか!ゲーム感覚で楽しみながら学ぶのが、一番身につきそうですよね。 日本はまだまだ金融に関する教育が少ないと私は感じています。だからいまだに「投資信託はリスクが高い危ないもの」と思っている人が多いのではないでしょうか?確かに投資にはリスクもありますが、きちんとした知識を持っていれば決して危ないものではありません。 重要なのは、もっともっと金融や資産運用に関する正しい知識を持ち、正しい理解を深めること。そしてそれらを踏まえた上での積極的な資産運用ではないでしょうか💡ネガティブなイメージを持つだけでなく、ぜひまずは勉強してみてくだい!時間があるときに携帯でググるだけでも構いません。まずは一歩を踏み出すところから😊 [...]

新型コロナウイルスショック到来!継続中の投資はどうしたら良い?

[新型コロナショック?!] 新型コロナウイルスショック到来!継続中の投資はどうしたら良い? コロナウィルスの感染は相変わらず増加の一方・・・。毎日朝から夜までコロナウイルスの話題で嫌になってしまいますね😢 コロナウイルスの影響で、日本とアメリカの代表的な株価指数 ”TOPIXとS&P500” も今年の高値から20%以上も下落しました。感染収束や景気への影響度合いはまだまだ見通しがつかない状況ですが、『新型コロナショック』と後世に語り継がれることは間違いないでしょう・・・。リーマンショック以上の歴史的金融危機として名を残すかもしれません。 株や投資をしている方は、不安な毎日を過ごしていると思います。こんなに急落な株価下落や度重なるサーキットブレーカー(株式市場において、その価格が短期間で極端に変動した際に、取引を一旦強制的に止めて投資家達に冷静な判断力を取り戻す時間を与え、正しい相場を取り戻すための措置)を目の当たりにしたら、誰だって不安になりますよね。もちろん金融のプロの私だって毎日ハラハラした日を過ごしています。 しかし今、これまで積み立ててきた投資信託を売ったり、積立を止めようと考えているならちょっと待ってください‼️なぜなら、株価が大きく下がっている時に売ったり積み立てを止めることが、長期・積立・分散投資の資産形成で一番やってはいけないことだからです💦 過去には数多くの金融危機が起こり、株価も大きく下落しましたが、危機が収束すると株価は回復します。今回の新型コロナショックも、いつになるかはわかりませんがいずれは感染が収束し、株価も回復するでしょう。現時点での損失も、売却しない限りは一時的なものに留まるはずです。 特に積み立て投資は、安い時にも買い続けるので買付単価が下がり、株価が元に戻らなくてもプラスになります。新型コロナショックでもそれは例外にあらず。経済が大幅に悪化している今できることは『積立投資を続けること』です! [...]

By |2021-04-24T10:57:33+09:00April 25th, 2020|経済|0 Comments

About the Author:

私は沖縄出身です。故郷を愛する、根っからのウチナーンチュです! 親戚や周りのお友達には宮里藍ちゃんにそっくりと言われています。藍ちゃんの方が若くて当然かわいいですけどね! みなさんご存知の通り、沖縄は文化風習等が日本の中でも特にユニーク。小さな島生活なので、急がないゆったりとしたライフスタイルです。 うちなータイムと言って、昼11時に待ち合わせしたのに12時以降に全員集合も珍しくありません。 性格も穏やかなうちなんちゅが多いかと思います。私は結構せっかちな性格ですが。 その昔沖縄は貿易をメインとして栄えており、中国はもちろん東南アジアのマレーシアに至るまで、貿易を行っていました。その為、中国や東南アジアから受けた文化的影響が強いと言われています。 外国人が沖縄に入ったり出たりしていた事でウチナーンチュの顔は日本本土の方と比べると東南アジアよりなんだとか。 私の顔もまさにウチナーンチュです!なので、マレーシアで暮らしているとローカルの方と馴染んでいい感じです。 沖縄の高校を卒業後、ニュージーランドの大学に留学しました。 昔から「世界で仕事をしたい」という思いを抱いていたので英語習得に一生懸命でした。周りのニュージーランド人に英語で話しかけても何言ってるか分からないと笑われたことは多々。同じ人間なのに英語がうまく話せないだけで、差別化されてましたね 現代人はグローバルシティズンです。時に日本やニュージーランドに拘らず世界で仕事をしたいという思いは常に抱いていましたね。 そのため、英語取得も一生懸命でした。周りのニュージーランド人に英語で話しかけても何言ってるか分からんと笑われたことは多々。 同じ人間なのに英語がうまく話せないだけで差別化されたり、言語でヘコんだ事は何百回とありました。今思い出しただけでも、悔しい思い出です( ;∀;) そんな苦い経験をバネにとにかく猛勉強し、大学卒業後もニュージーランドで就職する道を選択。振り返ると16年間もニュージーランドで生活していましたね。長い! 地元のWESTPAC銀行で、融資、投資、保険業務を一通り担当しました。その当時、日本人銀行員は私しかいなかったので、日本人のお客様のやり取りなども私の仕事の一環でした。銀行退職後、住宅ローンと保険代理店の代表をしていて事業主として働いた経験もあります。 今でこそFPとしてお金のアドバイスをしている立場の私ですが、社会人になってしばらくはお金に疎い人間でした。若かったし独身だった私は、お金を軽視して毎日楽しい生活を送っていました。もちろん貯蓄なんて全くありませんでした。 当時、海外生活経験豊富な私の父は「外国人は海外生活する上で自分の身を守るための貯蓄は大事だ」と口を酸っぱく私に助言してくれていました。しかし私は全く聞く耳持たず・・・。料理を作るのが好きじゃなかったので毎日外食、かわいい服を見つけたら衝動買い、趣味は旅行、とにかく好きなことにお金をつぎ込んでいました。 今考えると怖いくらいです。遊んでいたお金を少しでも投資に回していればと思いますが、過去の失敗を振り返っても仕方ありません。過去を反省しつつ前進あるのみ!とポジティブに考えています。 銀行員になってからは、毎日大勢の方の住宅ローン申請に追われていました。1~2割の頭金がないと住宅購入をするのが困難なこと、貯蓄をする習慣があるか、年齢等、様々な条件で住宅ローンが組めるかどうか審査していきます。個人の資産が丸わかりの環境で働いていたので、しばらくこの仕事をし続けるうちに、資産を築ける人、築けない人の差が分かるようになってきました。当時の仕事を機に、何年にも渡り言われ続けてきた父親からの助言の理由をようやく納得したというわけです。 ニュージーランドはとても居心地がよく住みやすい国でしたが、「違う国で挑戦してみたい!」という願望が強くなり、ご縁が重なって2018年6月に家族4人でマレーシア、クアラルンプールへ移住しました。 マレーシアも、ニュージーランドに負けず劣らず住みやすく、ご飯も美味しい!旅行が大好きなので、東南アジア周辺に遊びに行くにもアクセス抜群です。そして、多国籍な文化、子供に優しい国民性、多種多様なインターナショナルスクール、年中温かい気候で子育てする環境には最高だと思います。 私の一番の宝物は、大切な家族。タジキスタン出身の主人と、インターナショナルスクールに通う娘が2人おり、毎日楽しく暮らしています。 人と違う生き方をしてきたので、人生経験は豊富かつグローバルです。話の引出しの多さは誰にも負けません! マレーシアへ遊びに来る際にはぜひ声をかけて下さいね!!! 大城祐子

Leave A Comment

Go to Top