コロナウイルス感染防止 手の洗いすぎで手が荒れる 対処法

皆さんこんにちわ😊

体調はいかがでしょうか?マレーシアはロックダウン三週間目にも関わらず、いまだ感染者数は減少している気配もなく、それどころか徐々に身近なところまで迫ってきている感じがしますね・・・💦4月10日に、ロックダウンの延長の有無が発表されるそうですが今からドキドキします。早く終わってほしいような、コロナ撲滅のために続行してほしいような。

皆さんも、コロナウイルスの流行で念入りに手洗い&アルコール消毒をする機会が増えたと思います。それに関連して最近手荒れに悩むケース、特に子どもの手荒れが増加しているそうです。

原因として考えられるのは、”せっけんの洗い残し”。ウイルス感染予防のためにしっかり手洗いをする子どもが増えましたが、せっけんを十分に洗い流せていないケースが多く、結果手が荒れてしまうのです。 せっけんの化学成分は、皮膚に付いた汚れや細菌やウイルスを洗い流すと同時に、皮膚のバリアー機能を保つ角質や皮脂も落としてしまいます。つまり、手荒れが進むとこのバリアー機能の低下でウイルスなども侵入しやすくなってしまうんです💦

また、アルコール消毒も手荒れの原因の1つ。アルコールの手指消毒液には、エタノールが含まれています。エタノールには脂を落とす性質があるので、もちろん手の皮脂も落としてしまいます。更にエタノールは揮発性が高いため、皮膚の水分を奪いやすいのです。

では、ウイルスの感染を予防しながら手荒れをしないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

(1)手洗いする時は腕まくりをしよう!(手首に袖がかかったままだと、すすぐ際にせっけんが残りやすくなる)

(2)水温は人肌ぐらいが適温。

(3)せっけんは、粒子が細かく肌にもソフトな「泡タイプ」がお薦め。

(4)ウイルスや細菌を除去するために、せっけんをつけてから30秒ほどごしごし。

(5)流水で15秒以上、せっけんを洗い流す。手首も忘れずに!(子供は手首の洗い残しが多いようです)

(6)水分を拭き取るときは、ぽんぽんと肌を軽く触るように。ゴシゴシ擦るのはダメ🙅‍♀️

(7)しっかり乾燥させる

(8) アルコール消毒

(9)とにかく保湿!(成分としてヘパリン類似物質や尿素、ワセリンなどが配合されているもの)

ちなみに、寝ている間が皮膚の修復をする一番のチャンスです保湿剤を手に塗るとベタベタして嫌がる子が多いので、どうしても嫌がるならお子さんが寝てしまった後にこっそり塗るのも良いですね 😊

大城祐子コンサルタント