financial planning retirement planning wealth management

タンス預金の実態

タンス預金の実態 近年オンラインバンキングや電子マネーなどいよいよキャッシュレス化が進んで来ましたね。とはいえ、高齢者の中には「やっぱり現金が一番安心」と考えている人はいまだに多く、特に日本人は貯蓄が大好き。『タンス預金』なんて言葉もよく聞きますよね タンス預金とは、銀行などの金融機関にお金を預けるのではなく自宅で保管しているお金のこと。 昔はタンスにこっそりとしまっておくことが多かったためタンス預金と呼ばれていますが、必ずしもタンスとうわけではなく、貯金箱や机の引き出し、ツボの中、押し入れ、金庫など、タンス以外の場所にしまい込まれていてもタンス預金と呼ばれます。 日本銀行の調査によると日本の個人金融資産は約1800兆円で、そのうち現金または預金の占める比率は51.5%。なんと、約930兆円ものお金が現金または預金ということです。(https://www.taiyo-co.jp/112333/) 更に驚きなのは、そのうち約43兆円が「タンス預金」なんだとか!!!もしかしたらお隣さんの家のタンスに大金が眠っている・・・なんてこともあるのかもしれません 余談ですが、タンス預金を英語に訳すと「keep money under the mattress」と言います。欧米ではマットレスの下にお金を隠しておくのが一般的なようです。 さてさて、なぜ金融機関に預けずにタンス預金をする人が多いのかというと、投資のリスクを避けるというのが一番の理由です。また、マイナス金利によって投資の収益率が極端に低下したことも、タンス預金増加に拍車をかけているようです。 しかし、タンス預金にももちろんリスクはあります。空き巣に入られたり、地震や台風などの自然災害、火災、認知症などでタンス預金の存在そのものを忘れてしまうというリスクも指摘されています。 以前ニュースにもなっていましたが、亡くなられた高齢者の家の解体工事中に数千万円の現金が発見されているケースが増加しているようです。 更に、ごみ収集所で多額の現金が見つかるケースも増加し続けているというニュースも読みました。 タンス預金の末路はゴミとして発見される事があるのです。 お金はよく血液に例えられ、「循環させることが大事」と言われます。せっかく資産があってもタンスに現金をしまいっぱなしでお金が滞留している状態なのは非常に残念なことですよね。 タンス預金が長期間に及ぶと現金の死蔵化につながり、金融機関の預金額は減り融資の鈍化にもつながります。極論を言うと国の経済成長にも影響を及ぼしかねないでしょう。 そういった意味では、できればタンス預金は減っていくことが望ましいわけです。 あなたの家にはどれくらいのタンス預金がありますか? 今一度、お金の置き場所を考え直してみるのもいいかもしれません 大城祐子 • コンサルタント

By |2021-01-24T17:51:03+09:00December 9th, 2020|経済・社会問題, 資産運用|0 Comments

【マレーシアで遺言書の準備】

【マレーシアで遺言書の準備】 こんにちわ~、皆さん! 今日はマレーシアで作成できる遺言書のお話です。 マレーシア在住のお母様からのちょっとした質問から、以下のお話し内容をシェアすることにしました。 殆どの皆さまがご存じでない分野だと思いますので、情報共有させて下さいね。 知ってて損しない内容です! こういった方々が対象: *マレーシアで長期滞在を考えている *MM2H保持者 *EPF(国の個人年金制度 *マレーシアの定期預金を持っている *マレーシアの不動産保持者 遺言書を準備しておくと、後々親族がトラブルにあわないように今から対策できるので、必見です! パンフレットはStep1Malaysiaさんからのご提供です。 https://www.youtube.com/watch?v=GE075iAa5iA

海外の元本保証 積立プラン

海外の元本保証 積立プラン こんにちは。今日のクアラルンプールもいつもり変わりなく暑いです! 今回は海外移住、海外で駐在されている方、特にお子様を持つ家族には良い情報提供ができると思います。海外在住者以外の、日本在住の方もお手伝いさせて頂いています。 前回は日本の学資保険のお話をしましたね。 今回は日本の学資保険にこだわらず海外で開始できる学資積立として利用できる積立プランのお話しです。もちろん、"学資"にこだわらずご自身の将来の為の積立てとしてもいい積立てプランです。 それでは簡単に分かりやすくご説明します。☺ 海外でアクセスできる投資型積立プランは多数存在しています。その中でも元本保証プラン*は特に日本人の方々の目を引きます。積立額が契約満期になると保証されるというものです。 保証額は下の通り: 10年 100%15年 140%20年 160% 10年間プランの100%は10年間積立て、10年後には貯蓄合計額が保証という意味。例えば月US200を10年間 積立していくと貯蓄合計額はUS24,000。10年間プラン満期になると最低でもUS24,000が受け取れる仕組み。 15年間プランの場合、貯蓄合計額+40%の利益。例えば月US200を15年間積み立てていく。貯蓄合計額はUS36,000。この額に140%を掛けて、最低でもUS50,400が15年後には保証される。20年プランも同じ計算。 お子さんが2歳くらいまでにこの15年プランを開始すれば、お子さんが大学に入る頃には大学資金が揃えられます。積立は早く始めれば、将来の為に計画的に資金準備ができるようになります。 今ご紹介したプランは保険ではありません。あくまでも積立てプランです。この積立プランに関して、被保険者が亡くなった場合はその時の評価額の101%が受取人に支払われます。 積立プラン中に被保険者が死亡して残りの大学資金をどう工面したら良いのか考えると思います。事前対策の一つとしては掛け捨て保険で必要な金額分(例: 住宅ローン額、大学資金、子供に残すお金)をカバーする事が可能です。掛け捨て保険の保険料は投資型保険に比べると安くなる傾向があります。他にも戦略はありますが。 今回も簡単にご説明しましたが、海外の積立てプランで魅力的な商品、お勧め商品はあります。これからは日本に拘らない資産形成も大事になっていくのではと強く感じております。 元本保証には条件が付いてきます。詳しいお話をしたい方は個人相談受け付けております。 ご質問、疑問点は必ずあると思いますが、いつでもご相談にのります。 ご気軽にご連絡下さい。お待ちしております。 大城祐子IFA参考動画>>> マレーシアのお金情報 https://www.youtube.com/playlist?list... 一般的なお金情報 https://www.youtube.com/playlist?list... #FPYUKO #マレーシア移住 #日本経済の事実 ********************************* FP相談・お問い合わせ http://www.yukooshiro.com/contact-2/ YUKO HP 有益なお金、経済のコラムを投稿しています。 www.yukooshiro.com YUKO Twitter 海外生活について呟いています。 https://twitter.com/Yuko_062018 YUKO FB 毎週お金、経済のコラムを投稿しています。 https://www.facebook.com/YukoOshiroFi... YUKO LinkedIn ビジネス交流サイト https://www.linkedin.com/in/yuko-oshi...

By |2021-01-25T10:39:21+09:00March 14th, 2019|資産運用|0 Comments

Seeking financial advisors

How often do you need to talk to an independent financial advisor? Those that are investing and saving for their future in golden years are doing somewhat well. Just because a retirement plan starts off in the right direction it does not mean it will end up as hoped for. Throughout the period, mistakes or [...]

Retirement Planning – introduction

Your generation faces a very different retirement situation requiring a very different retirement planning strategy. You can expect to live longer while receiving fewer pension and Social Security benefits during retirement. You will likely need more retirement savings to support a longer, more active and healthier lifestyle than previous generations. There are a lot more [...]

Financial Navigating in the Current Economy

Financial Navigating in the Current Economy: Ten Things to Consider Before You Make Investing Decisions   Given recent market events, you may be wondering whether you should make changes to your investment portfolio.  The SEC’s Office of Investor Education and Advocacy is concerned that some investors, including bargain hunters and mattress stuffers, are making rapid [...]

Asset Allocation 101

Asset Allocation 101 Asset allocation involves dividing an investment portfolio among different asset categories, such as stocks, bonds, and cash. The process of determining which mix of assets to hold in your portfolio is a very personal one. The asset allocation that works best for you at any given point in your life will depend [...]

Financial Risk

Financial Risk versus Reward When it comes to investing, risk and reward are inextricably entwined. You've probably heard the phrase "no pain, no gain" - those words come close to summing up the relationship between risk and reward. Don't let anyone tell you otherwise: All investments involve some degree of risk. If you intend to [...]

Investment Choices

What are the Investment Choices I can discuss with you what option would suit you best and you should know that a vast array of investment products exists - including stocks and stock mutual funds, corporate and municipal bonds, bond mutual funds, lifecycle funds, exchange-traded funds, money market funds, and U.S. Treasury securities. For many financial [...]

Asset Allocation

Why Asset Allocation Is So Important By including asset categories with investment returns that move up and down under different market conditions within a portfolio, an investor can protect against significant losses. Historically, the returns of the three major asset categories have not moved up and down at the same time. Market conditions that cause [...]

Go to Top