毎日できる!お子様へのお金教育

毎日できる!お子様へのお金教育 皆さんこんにちわ😊 前回のコラムで、『子どもの金融リテラシーの大切さ』をお伝えしましたが、では一体何歳頃から金融教育を始めればいいのでしょう?? まず金融教育を始める前に、就学前の幼い子どもにはお金と自然に接することができる環境作りを心掛けることが大切です💡まだ年齢的にお金の価値は理解できなくても、お買い物ごっこなどでおもちゃのお金を使って数字を覚えたり、硬貨や紙幣の違いを理解したりすることはできますよね💰また、スーパーで「好きなものを1つだけ買ってあげる」と選ばせ、「欲しいものをすべて買うことはできないんだよ」ことを教えるのも金融教育の第一歩です。 お小遣いを与える始める年齢は6歳くらいがいいと推奨されています。習慣でお小遣いを与えるのではなく、「お金について学ばせるツール」として与えることを意識しましょう。そうした意識を子どもにも促すことで、「欲しいものがある場合、いくらの費用が必要で、いくら節約する必要があるのか」といったことを自ら計画できるようになっていくのです。子ども名義の銀行口座を開設して、お金を貯める楽しみを実感させるのもいいかもしれません💴 欧米では中高生くらいから子どもに投資を覚えさせる親も多いようです。子どもに投資をさせるのは賛否両論あると思いますが、自分でお金を増やすスキルを身につけるのも大切なこと。その際には「ギャンブルと投資の違いを理解させる」「慎重に学ばせる」ことが重要です。 大学生にもなればアルバイトで自分で稼いで自由に使えるようになります。学生用クレジットカードなどで実際に「お金を借りる」ことを体験し、独り暮らしを通して金融リテラシーを向上させるなど、自分の意思でお金の勉強ができるようになります。しかし、年金、住宅購入資金、老後に必要な資金など、子どもが社会人になってから必要になる金融知識を親がサポートすることも非常に大切です。 「なるべく早い時期から始めたほうが良い」という専門家も多いですが、「子どもが理解できなければ、金融リテラシー教育の効果が半減する」という調査結果も報告されているのも事実です。 子どもにお小遣いを与え始める時期、貯蓄や投資について教える時期など、子どもの個性や発達に合わせて効果的にアプローチすることが、子どもへの金融教育のコツですね😊