[老後破産]

こんにちは、皆さん。

お元気でしょうか? 先週カンボジアに家族旅行に行って参りました。

暑かったです〜😅 アンコールワット世界遺跡を見て周りました。

滝のように汗をかくとはこういう事なのかと実感した瞬間。カンボジアで乗ったグラブに自分の携帯を置き忘れたなどハプニングありましたが、いい思い出作りは出来ました☺👌

さて、最近 日本のニュースで”老後破産”という言葉を耳にする事が多くなってきたように思います。どういう事?

定年後も現役時代となんら変わらない生活習慣を続けてしまう。しかし、定年後の年金受給額は今まで支給されていた給料の3分の1や2分の1になる事も事実。生活レベルを下げられない人はあっという間に貯金が底を突いてしまったとう状況に陥る可能性があるのです。日本で生活保護を受けている方々の半分以上が年金受給者と統計が出ています。

65歳から頂ける年金額は通常あるべき金額よりも激減すると日本政府から表明がありました。さらに 将来、年金受給年齢が70歳や75歳に引き上げられる可能性大。少子化の一因もあり日本の国民年金資金は十分に存在せず、全ての年金対象者が年金減額をやむを得ない。もはや日本の社会保障制度は”保障”がない時代に突入です。

これから更に個々の社会保障制度に頼らない資産形成が大事になってきます。

ファイナンシャルプランニングにおいて人生で1番お金が掛かる時期は定年後/老後です。

例: 60歳で定年。90歳で天国。

社会保障制度が全くなくなったとしたら。。。

月に必要な生活費が30万円と仮定。

30万円x12x30年=1億800万円😲😲😲

とてつもない金額です!

現役時代は何となく毎日お仕事して給料を頂く。その給料の中からプライベートで個人年金プランを組むのは大変 重要な事です。始めるなら”今”です!

“今”始めないと、将来に備える老後資金は”不足”とご理解して頂いても過言ではありません。

皆様のニーズに合う積立てプランを一緒に考えてみませんか?

いつでもどこでも相談にのりますのでご連絡お待ちしております。

大城祐子

IFA