子供へのお金教育

皆さんは自分のお子さんに対して『金融について』の教育をしたことはあるでしょうか🤔
近年、日本でも子どもの金融リテラシー教育に対する意識が少しずつ高まっているそうですが、実際に自分の子どもにお金について教えるとなると、何から教えていいのか戸惑う親も多いと思います。

でも親であれば誰しもが「自分の子どもにはお金の苦労をして欲しくない、お金を賢く使ってほしい」と思いますよね。

富裕層の家庭では「子どもの金融リテラシー」は、子供への教育の中で非常に重視していることの一つです。なぜならお金に苦労する心配がない環境で育つということは、生活や教育面で大きなメリットがある反面、お金の価値が分からない大人に成長してしまうリスクがあるから。

単純に『お金の価値』を教えるだけではなく、子どもに幼い頃から『富裕層の思考』を身に付けさせることにより、安定した経済観念を養う点が富裕層の金融リテラシーの特徴です。
以下に、『富裕層が自分の子どもにお金について教えるにあたり重要視している5つのポイント』をまとめました。

①成功するためには努力が必要・・・親の資産に依存するのではなく、経済的に独立し自分の手で成功を勝ち得るためには、子どもの頃から努力することが必要です。

②より大きな問題に挑戦する・・・革新的なアイデアや問題の解決はお金を生みだす手段の一つです。より大きな問題を解決することで、より沢山のお金を得ることができるでしょう。

③成功者との人脈を広げる・・・成功者との交流は意識レベルの向上や視野の拡大にポジティブな影響をもたらします。子どもの頃から有益なネットワーク作りを意識した人間関係を築くことが大切です。

④お金を増やす・・・富裕層は「浪費家」ではなく「投資家」です。投資や貯蓄、あるいはビジネスなどを通し、お金が増える仕組みを理解することは非常に重要です。

⑤「支出」ではなく「投資」・・・いくら沢山のお金を持っていても、支出が収入を上回るような生活を続けていると、いずれすべてを失ってしまうかもしれません。お金を使う前に、「賢明な投資かどうか」を考えてから使う習慣を身に付けます。お金が沢山あるからといって幸せになれるとは限りません。しかし、健全な経済観念と投資の視点について幼いころから学んでおくことは、子どもの将来に非常に大きな恩恵をもたらすのではないでしょうか。

「お金の話を子どもの前でしない」という親御さんもいますが、子どもの前でもきちんとお金について話せる環境で育てることで、子どもは親の会話から自然にお金に対する知識を身に付けていけるのだと思います。大切な我が子にどうやってお金の大切さを教えていくか、今一度考えてみてくださいね😊